#1070 ケアレスミスこそ放置しない!

自分はケアレスミスを良くします。例えば、忘れ物や計算ミス、誤字脱字であったり、アポの時間の間違いであったり、ゾッとするような大きなものから、またやっちゃった(汗)的な小さなものまで、色々あります。

これらはケアレスミスという名の通り、注意不足から生じた失敗だと片付けることができます。本来はどうすべきだったかを分かっているのに、『つい、うっかり』為すべきことが出来なかったために起こる失敗だからです。

昔からですが、自分はケアレスミスには寛容なところがありました。というのは、本来はミスしないところなのですが、『偶発的に』ミスが生じ、そのミスは人間である以上避けられないものだ、というように思っていました。

しかし今では、そのように考えるからこそ自分はいつまでたっても一流になれないのではと思ってしまいます。成長するためには何事も復習が大切で、中でも最も大切な復習は失敗に対する反省です。失敗は自ら痛みをもって学んだ貴重な教材になるはずです。ミスや失敗をそのまま終わらせるのは、同じ失敗を繰り返す原因になり、最もやっていはいけないことです。

ここで、失敗が大きなものであればすぐに対策をするのでしょうが、ケアレスミスだけは『仕方ない』という意味不明の言い訳や自己暗示をしているように思います。

しかし、イチローや羽生名人、その他一流と呼ばれる人たちが、ケアレスミスだったからしょうがない、と失敗に対してヘラヘラしているのを見たことはありませんし、そもそもケアレスミスをしているのも見たことはありません。それは失敗の度にそれを放置せず、次に同じ失敗を二度としないための対策を考えそれを実践することで、失敗する確率を極限まで小さくしているからなのだと思います。

大きな失敗と違ってケアレスミスは対策さえ立てられれば、失敗の確率を大きく減らせるリターンの大きなチャンスだと考えることが出来ると思います。ケアレスミスこそ馬鹿にせずに真面目に対策を練ることで、ミスを減らし一流と呼ばれる人たちに近づけるように頑張っていきたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です