#1083 自分の努力を目に見える形で残す!

高い目標を立てそれを目指す過程では困難な状況に直面することがあります。そこを乗り越えるためには根拠の無い自信が必要だと思います。心の支えというのでしょうか、「自分を信じる」とか「自分なら出来るんだ」と強く思えるかどうかが、自分の力をどれだけ引き出せるかに影響すると思います。

根拠の無い自信をもつ最良の方法の一つに、過去の努力を見返すことがあげられると思います。「自分はこれだけ頑張ってきてのだから、自分ならきっと出来る!」という思い込みです。例えば、毎日素振り 500 回やりました、とか毎日英単語 50 個覚えましたとかを継続的にやって来たという事が、次の打席・次の試験 (?) での自信に繋がるのだと思います。

重要な事はこれを記録して後から見返せるようにしておくことなのではないかと思います。もちろん自分の記憶の中で「頑張ってきた」と強く思えることは良いことなのでしょうが、その過程を記録して必要なときに見返すことが出来ればその効果はもっと大きくなると思います。

だからこそ毎日の努力を記録に残すことは、根拠の無い自信を作るという意味でも意義のあることだと思っています。さらにそれを実感として感じれるようになれば、さらに効果があると思います。「学びは重さに比例する」とおっしゃている方も居るようですが、読んだ本や書いてきた文章の分量の重さとして感じるのは実感として感じることが出来る一つであり、きっと自信になるはずです。

重さではないですが、実は自分がブログを書く時にも #1083 というエントリー番号を書いているのは、実感を感じるための一つの工夫です。そのエントリー番号を書く毎に「なかなか遠くまで来たなぁ」と感慨に一人浸っていたりします(笑)。

まあ「自分はこれだけ頑張ってきてのだから、自分ならきっと出来る!」というのは良く考えると論理的にもちょっとおかしいですし、努力と成果には因果関係が必ずあるわけではありません。でもそれで自分を信じれるようになるのであれば、実践としてはそれで良いのだと思います。

ということで今後も、自分のやってきたことの軌跡を残すということを意識していきますし、その意味でもブログの執筆を継続していきたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です