小人閑居して不善を為し中です(汗) #1142

週末にしっかりと休養が取れたことで体調もだいぶ回復して元気になりました。加えて先週までの社内の学会も終わり、超絶忙しかった時期は過ぎ去りました。ということで、ノルマから開放されたので、本当は自分の目標に向かってバリバリと仕事をしないとダメなんですが、要らん事にばっかり手を出して、どうも仕事が進みません。。。

という状況を鑑みると、鮒谷さんのセミナーでも良く紹介される『小人閑居して不善を為す』ってのはつくづく本当だなと思います。この言葉は『大学』の出典で、小人;徳のない人間は、閑居;一人で居て他にひと目がないと(暇があると、という意味で解釈されることもあるみたいですが、元はこちらの意味みたいです)、不善をなす;ロクなことをしない、ってことでまさに今の自分の事じゃん!、って思っています (汗)。。。

これは古くから言われることなので、(自分が至らないのはもちろんですが)自分だけじゃなくて人間なんて元々こういう性質をもっているという理解をしておいたほうが良いのでしょうね。「自分には当てはまらないから大丈夫」だなんて、間違っても思っちゃいけません。じゃあ、どうするかというと、対応策は二つあると思います。一つ目は小人じゃなくて君子たる人(立派な人!)を目指すこと、もうひとつは、閑居しない状況を強制的に作り出すこと、です。自分がとる選択肢はどう考えても後者ですね (汗)。

つまり、自分の行動を公開し、常に誰かに見られる状況を作り出す(ついでにそれにより暇がない状況を作り出す)ことで得られる緊張感で自らを律していくしかありません。まあ、いつも書いているのですが、セミナーで教わった衆人環視により自らを律して目標へ向けた行動を課する、ということなのでしょうね。そう言われて気付いたのですが、最近は自分の目標とそれに向けた行動を公開することを忘れていました。

ここで重要なのは、目標とそこへ向けた活動の両方を同時に公開することだと思っています。というのは、目標だけ掲げて進捗を報告しなければサボって目標が未達になりがちですし、やったことを報告しても目標を曖昧にしていれば積み上げ式で達成出来る安易なことしか成し遂げられません。ちゃんとした方(君子)なら問題は無いのでしょうが、なんせ自分は小人ですから(汗)、両方を公開して人の目で縛ってもらわんとアカンのですわ。

もちろん公開する場所は選びますが、まぁ世間は誰も自分のことなんて気にしていないと思いますのであまり気にせずに、まずは大きく目標を掲げたいと思っています。一方で、世間の人は見ていなくても、少なくとも自分は自分のことを最もよく見ていますし、自分が裏切りたくないと思っている自分の親しい人にも見られているかもしれません。と思うと、これだけで自分を律するのに十分な大きなプレッシャーになります。ということで、近々、中期目標と短期目標を掲げ、それに向けた行動を公開していきたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です