前倒しで入れた予定は生活のアクセントになる

今日は休日で、朝からハーフマラソン走ってきました。このレースは数ヶ月前から予定を入れていたものです。最近の会社のゴタゴタのせいで全然練習や準備をする気にはなれず、ぶっつけ本番で迎えたレースでした。

結果は案の定、なんとか完走はしたものの、記録は過去最低でした(一度だけ途中リタイヤってのもあったので、それよりはマシでしょうか?)。練習が出来ていなかったのでまあ仕方がないですが、もうちょっと走れるんじゃないかと思ってたので、この出来にはショックでした (汗)。しかし、レース自体は練習不足なりにはしっかり走れたので良かったのではないかと思っています。

まぁ結果は散々だったとはいえ、レース自体はとても楽しむことができました。天気も良く(走るにはむしろは少し暑いくらい)、沿道から暖かい応援を頂ける中で走れ、とても気持ちが良かったです。また来年も同じレースを走りたいと思いました(ただしちゃんと練習をした上で汗)。

今日のレースは数ヶ月前から出場を決めていたものです。数ヶ月前には今の自分の(ゴタゴタの)状況を想像することは出来ていませんでした。だからこそ、レースに申し込むことができたなと思ってもいもます。こんな状況になった後だったら、「マラソンなんて走ってる場合か?」みたいな思いも出てきて、申し込みを躊躇してしまったのかもしれません。

しかしレースに申し込んだからには走ると決めて(全然練習は出来なかったものの)それなりにレースを楽しみにしてきました。今から思えばストレスの多い日常の中で、結構楽しみなイベントになっていたと思っています。

このように生活の中では楽しみとなりうることを、あらかじめスケジュールの中に入れ込んでおく事も大切だと思いました。日々の状況は刻々と変わりうるので、「今の問題が解決したら・手が空いたら予定を入れよう」では、なかなか予定を入れることはできないと思っています。ですので、現状の状況をあまり意識せずに、どんどん先の予定を入れていても良いのかもしれません。予定を入れた期日に近づいてくれば、また現状も変わってるかもしれませんし。

入れるのはそんなに大きなイベント(例えば海外旅行など)ではなくても良いと思っています。むしろ適当に予定を入れて、それを無理やりに楽しみにするくらいで良いのではないでしょうか?そんな予定でも気持ちの持ち方次第では生活の中の潤いになってくれたりもします。という事で前倒しで予定を入れることで生活にメリハリをつけ、本業の方も頑張っていきたいと思います!!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です