#514 ミッションを定義する!

目標達成まで、あと16日!

(1)英語、
2周目、
活動なし

(2)論文執筆、
活動なし

(3)論文新ネタ、
活動なし(セミナー参加)

(4)その他活動、
セミナー参加

(5)感謝、
セミナーの講師の先生、一緒に頑張った参加者の皆様

(6)ブログ

今日はセミナーの二日目でした。今日のプログラムは、価値観をミッション・ビジョンにまで昇華させ、実際の自分がとるべき行動に落としこむこことまでのプログラムでした。
 
自分にとっては、去年の6月27日から始めた論文を書いて学位をとるプロジェクトの一年間の総括と今後の予定を考えていく上で非常に参考になりましたし、さらに学位をとった先にどのように組織・会社・社会全体に貢献していくのかを問われた内容でした。
 
感じたことで、ここに書ける範囲のことだけを書いておきます。まず自分が目指しているビジョンについて。
 
それは 30 年後になるのか 50 年後になるのか、またまた 100 年先になるのか分かりませんが「病気で人が死なない世界」「新薬により手術が大幅に減っている世界」「(医薬品に限らず)医療の進歩により、病気による恐怖・悲しみ・不便・不幸・苦痛が大きく減っている世界」を目指すことができればいいなと思います。100% を達成するのは難しいのかもしれません。ですが未来は少しずつであれば変えていくことが出来ると信じています。
 
そのビジョンを達成する上での自分のミッションについてですが、これまでこのブログで書いてきたとおり、製薬会社の社員として、会社員として、そして日本人としての役割があるのだと思います。
 
まず製薬会社の社員として「薬を待つ患者さん達のために、新薬を生み出すこと」、同時に科学者として「医療と科学の進歩に貢献すること(失敗も含め)」、そして日本人として「日本の強み・良さを世界に発信し、世界中の研究者と協力・競争しながら新薬の創出を目指すこと、そのために今の組織と世界をつなぐ架け橋みたいな存在になること」というものです。
 
そしてそれらの自分のミッションを支えるものとして「どんな状況でも食いっぱぐれずに、ライフサイエンスの世界で存在感を発揮していくこと」ができればいいのではないかと思います。
 
学位取得は上記のミッションの達成のためのほんの第一歩に過ぎません。確かに「一歩」と呼んでしまうにはとても大変な道のりではあるのですが、上記の達成の前提条件なので、四の五の言う前に結果を出します。ここで改めてコミットします、「2014年3月までに学位取得のための論文のデータの取得を終える(パブリケーションはまだでも良い)。そのために、毎日、論文のための活動を行い、ブログで報告をします。」
 
この過程では多くの方にご迷惑をお掛けすることになってしまいます。家族、上司、同僚、友人、etc. の皆さんに感謝をして、自分が目標を達成した際にはご迷惑をお掛けした方々・さらには組織・会社・社会全体に恩返しをしていけるように自分を高めていきたいと思っています。
 
そもそも自分が論文を書くことに集中できるのはとても恵まれた環境にあるといえると思います。感謝の気持ちと将来の恩返しの気持ちを絶対に忘れないためにも、今日からブログに「今日の感謝」を入れることにします。
 
2014年3月31日まで、あと 265 日あります。それを毎日書いていけば少なくとも265 個のありがとうを集めることが出来るはずです。その一つ一つの感謝の気持ちを自分の活動の源に変える、つまり「感謝を力に」変えて活動をしたいと思います。
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です