#541 先を見ながら地道に活動をする!

学位 PJ 第二期終了まで、あと58日!

(1)論文執筆、
活動、活動なし(汗)
時間、0h

(2)論文新ネタ、
活動、論文を読む
時間、20分

(3)英語、
活動、電場を使って癌を治療する
時間、20分、

(4)その他活動、
プレゼン準備

(5)感謝、
プレゼンの場を与えてくれる他部署のマネージャー

(6)ブログ

英語の単語が分からなかったり、上手に英語を書くことが出来なかったり、また減量をしていて体重の減りが鈍ったり、と目標を達成しようとする過程で結果が出ないことに対してガッカリすることがあります。

そんな時はネガティブな気持ちになりがちなのですが、そんな時にはすぐに目標を達成するための行動に移すことにしています。

単語を覚える、論文を読み込む、運動をする・食事制限をする、etc. です。これらの未来を良くするための行動は、成果はすぐには決して目には見えません。しかし、「1つやればその分だけゴールに近づくことができる」ということだけは確信をしています。

ゴールを達成するためには、いずれやらなければなりません。そうであれば、嫌な気持ちに浸っている暇があれば、すぐに目的達成のための行動を取るべきでしょう。

確かに行動自体は地味なんですが、自分がゴールに近づいていることを意識することができ、つい前まで持っていたネガティブな気持ちはすぐに消えてなくなります。理想の自分と乖離がある、という現実を嘆いてネガティブな気持ちになったところで、何も解決しません。であれば、その気持を変革へ行動のスイッチとしてやればいいのだと思います。単にネガティブな気持ちを他のことで紛らせたところで、本質的には問題は何も解決しないのであれば、意味はありません。

重要なのはここで、すぐに結果が出ないことに対してアホくさい、と思わないことだともいます。人生にウルトラ C はありません。何かを望めば、それを手に入れるための投資は必要です。と言うことは単語を覚えることでしか上達の方法がないのであれば、それに対して取り掛かり、コツコツとやるしかない。この当たり前の事をどれだけ馬鹿にせずに取り組むことができるかが勝負の分かれ目なのだと思います。

上記を達成出来れば、その向こうには明るい未来が待っているはずです。きっと自分の可能性や選択肢を大きく広げることが出来るはずです。そうなったらきっと楽しいだろうな~、今から楽しみですワクワク。(というワクワク感を持ちながら今日も単語を覚えます笑)


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です