#579 優秀なマネージャーの3要件!

学位 PJ 第二期終了まで、あと21日!

(1)論文執筆、
活動、なし
時間、0h

(2)論文新ネタ、
活動、目標設定
時間、30分

(3)英語、
活動、ブルームバーグの動画、TOEIC のリスニング CD
時間、60分、

(4)その他活動、
会社の超エライ人と面談!

(5)感謝、
自分のようなペイペイに時間をくれるエライ人

(6)新しい挑戦、

(7)ブログ

今日は会社の超!エライ人との面談でした。何でボクが呼ばれたのか分かりませんが、一時間の完全な雑談(しかしていませんが!)の中で、いろいろと質問する機会が有りました。多くの学びがあったので、忘れないように書いておきます。

優れたリーダーになるためには、以下の3つのことが必要だそうです。その3つとは (1) ポジティブ思考、(2) オープンマインド、(3) ユーモアのセンス、だとのことです。まあ、自分は優れたリーダーでも何でもないのですが、忘れないように自分に当てはめて考えてみたいと思います。

(1) ポジティブ思考という言葉にはいろいろとあると思いますが、他責思考で多分うまくいくだろうと無責任に考えることだとは思っていません。むしろ状況改善のために自責思考で自分がどのような行動を起こせるか、さらに自分にできることに集中し一方で自分の影響が及ばないところでクヨクヨしないこと、だと思っています。

昔の自分はネガティブ思考だったと思うのですが、このブログのお陰もあり、ネガティブ思考はだいぶ矯正されたと思います。まあ、この調子でもっと良くなる未来を信じて、ポジティブ思考を強めていきたいと思います。

(2) 2つ目のオープンマインド、というのはまだ正しく理解できていないかもしれませんが、自分なりの解釈を書いておきます。偏見のない「開かれた心」をもち、素直に人の話を聞ける人。加えて、虚勢をはることなくありのままの自分でいること。肩肘張った堅苦しい上司にはだれもついていかない。弱みを見せるくらいの上司でないとダメなんだそうです。

うーん、これは全然ダメかもしれない。やはりまだ中身が伴っていないという自覚があるので、虚勢を張ってごまかそうとしていると思います。完全に逆効果なんですね(汗)。

早く気付いて良かったです。(3) と合わせて、まだまだ伸びしろがある!(笑)

(3) 3つ目はユーモアのセンス。ブラックユーモアなら自信はあるのですが(笑)、それじゃーダメですよね。相手の身構える心を解きほぐしたり、暗い雰囲気を取り去る、そんな力です。古典(落語とか)・新進問わずにお笑いは大好きなので、喜んで身に付けたい能力です、まじめに勉強しようかな(笑)。

最後にマネジメントに関しての話題で、2つ心に刺さったことを書いておきます。

1つ目。もし自分がマネージャーになった際に、ボクと働きたい、ボクの部署に移りたい、と言ってくれる人がたくさん出れば、それは自分のマネジメントに対する合格点のようです。

2つ目。上司部下の関係もカスタマーファースト。自分が部下だった頃を思い出しながらマネジメントをする、もし自分が上司だったらどういう行動を取って欲しいかを考えながら部下として行動する、それを忘れないでほしい、とのこと。

と、いろいろな話を聞かせてもらいました。(普段はめちゃめちゃ怖い人らしいけど)こんなに面白い人が社内にいるんだなと思い、ウチの会社もすてたもんじゃねえな、と思いました(笑)。お忙しい中、ありがとうございました!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です