#738 英語を通じて世界と繋がる!

帰国まであと56日!
(1)論文、
活動、二報目仕上げ、四報目全面書き直し、
時間、6h
(2)英語発声練習、
OK
(3)その他活動サマリー、
終日、合宿!
(4)陸トレ、
OK, 65.0kg、
(5)感謝、
世界と繋がれるインターネット環境
(6)新しい挑戦・昨日からの進化、
ネットで動画を見る
(7)ブログ、
今日は合宿最終日でした。論文の続き、日本とのメールのやり取り、料理、片付け、ストレッチ、英語の勉強など、ほぼ目的通りに過ごすことが出来ました。疲れと眠気で若干能率は悪い場面も有りましたが、トータルでは充実した一日になりました!頑張ることが出来たことに対して、自分を褒めたいと思います (笑)
さて、本題です。論文や仕事の合間に、youtube や TED のサイトに行っていろいろな動画を見るのを楽しみにしています。この目的の一つは英語の勉強なのですが、それだけではありません。世界の各分野のオピニオンリーダーと呼ばれる人たちのプレゼンやメッセージや演説を聞くことで、自分の知らなかった新しい世界を知ることができ、自分の知的好奇心が刺激され、心が震えます。世の中にはこんなにおもしろいことがあり、いろんな物の見方があり、様々な問題があることに気付くことが出来、とても勉強になると同時に自分の視野が広がったような気になっています(勘違いかもしれませんが)。
まあ分野やスピーカーによっては全く聞き取れないこともあるのですが、最近では初めて聞く話でもおおかた聞き取れるようになりました。英語の勉強って地味で同じことの繰り返してなかなかシンドいと思うこともあります。しかし自分がこのように英語のサイトや英語の動画からダイレクトに情報が取れるようになったことは、そのシンドさを補って余りあるほどの価値を自分に与えてくれると思っています。
例えば 2013 年に日本で売れた海外の本、「スタンフォードの自分を変える教室」だとか「ワーク・シフト」だとかの著者をネットで調べてみると動画が山ほど出てきて、どれも無料で、ワンクリックで聞くことが出来ます。(これら本はまだ読んではいないのですが、ネットで 10 分の動画を見る時間は取れます)。またビジネス書だけではなく自分の興味のあるどの分野の情報を調べることが出来ます(例えば、サーフィンとか、その他スポーツとか)。
上記のビジネス書のベストセラーの話をすれば、例えばこの動画なんか面白いと思います。イギリス英語ですが聞き取りやすいです。(実際は一部聞き取れないところとかもあるので、巻き戻したりして見ていますが笑)
このように世界クラスの著名な著者・研究者である彼女らのプレゼンやメッセージがこんなに簡単に、しかも無料で聞けるなんて、なんて素晴らしい時代なのでしょう。英語を頑張ることで、自分は世界から情報を集めるためのスタート地点には立つことが出来ているのだと思います。でもこれって世界の多くの国の大学生であれば(そして高校生でも)出来るレベルです。こんなところに満足をしていてはイケません。加えて、自分だけが恵まれているわけでは有りません。中国でもインドでもそして発展途上国と言われる国でも、インターネット環境があって英語さえ理解できれば誰でも同じ体験が出来ます。つきなみな表現なのですが、世界が小さくなって、世界中での競争が始まっている事を今更ながら実感します。
これからの時代は、そんな世界から出てくる優秀な人達と自分の強みを掛けあわせることで、より良い未来を作っていけるチャンスが自分たちの世代にはあると思います。ただし、もしそれに足る深い専門性を身に付けており、それを含め英語で発信が出来れば 。ですが(汗)。当然、今の自分の下手くそな英語では全くもって不十分で、より英語の勉強に力を入れていかねばなりません。だけど、そんな未来の可能性を実現するためであれば、頑張るに足るのではないかと思います。
と、サボりがちな英語の勉強も継続して行っていけるよう、自分を鼓舞していきたいと思います(笑)。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です