#833 パートナーを勝たせる企画を考える!

期限まであと38日!
(1)論文活動、活動なし
(2)英語勉強、海外ゲストとの食事会、2h
(3)その他活動サマリー、ディスカッション
(4)陸トレ、海、65.5  kg
(5)感謝、久しぶりに外食できたこと
(6)新しい挑戦・昨日からの進化、
他部門のシニアマネージャーに企画の OK をもらう

(7)ブログ、

今日は一週間の疲れが出てしまい、あまり生産性の高い状態では有りませんでした。まあたまにはこんな日も有るのですが、なるべくムラなく活動できるように日々のコンディション作りから気をつけていきたいと思います。

さて、本題です。これまでは自部門内で、自分の専門性の範囲内で仕事をすることが多かったのですが、最近は他部門の同僚と一緒に仕事をすることが非常に多くなっています。

そんな際にいつも考えることは、如何にして相手の win を達成することができるか、です。他部門のパートナーが何を望んでいるか聞くのはもちろんの事、パートナーの期待を超えるような提案を生み出すことが出来ないかを常に考えています。

自分と一緒に組んでもらい、共通のゴールに向かって進んでいってもらうためには、その動機が必要です。ベテランの人であれば過去の輝かしい実績が動機になるのでしょうが、自分の場合まだそのような信頼の残高は積み重なっていません。そのため自分が一緒に組んでもらうためには、明確な目先の成果が必要になります。

だからこそ自分がコラボレーションを通じて成果を出そうと思うと、常にパートナーを勝たせるつもりでいる必要があります。まずは先に恩を売っておくというと少し嫌な言い方に聞こえるかもしれませんが、まず先に勝ってもらい信頼を得て、自分としては長期のパートナーシップを通じて投資分のリターンを期待するというくらいがいいのだと思います。

そのため常にパートナーを勝たせるための企画を考えています。ハッキリ言って自分が単独で勝つ企画を考えるのに比べ2倍以上大変ですが、自分を信じてもらってみんなで勝つというような企画を考えることが好きなのであまり苦になりません(他の仕事が一切止まってしまうのが難点ですが)。パートナーに喜んでもらえるだろうかとか、ありがとうっていってもえたらいいな、とかそんなことを妄想しながら、色々な企画を考えています。

たぶん企画を考えるのが好きなんだと思います。一方で自分は企画の実行は強みがないというか、実現可能だと思った時点で興味がなるなるというか、オペレーションのところには弱みを感じているのですが、まあ好きなこと得意なことに集中できる環境を作るようにしていけばいいのかもしれません。

ということで企画の質では負けないようにしたいです。来週の企画の発表会に向けて週末も色々と考えてみたいと思っています!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です