#835 思考と行動のラグタイムを無くす!

期限まであと36日!
(1)論文活動、活動なし
(2)英語勉強、リスリング、10分、
(3)その他活動サマリー、自転車整備
(4)陸トレ、OK、67.0kg、
(5)感謝、リラックスできる時間
(6)新しい挑戦・昨日からの進化、
自転車整備

(7)ブログ、

今日は終日、片付け、掃除、自転車の整備、家事、etc. の雑務で終わってしまいました。溜まった課題を片付けることが出来たという点ではとても満足しています。来週も充実した週末になるよう計画的に過ごしたいと思います。

さて、本題です。何かの行動を取らなければいけなかったりするのに、面倒だとか億劫だとか思いながらダラダラと行動に移せないでいる時間があります。例えば、仕事から帰ってソファーに座り込んでしまい疲れから次の行動に移せないとか、目が覚めて起きなければいけないのになかなかベットを出れないとか、いろいろなパターンがあります。

この時間は、思考と行動のラグタイムなのですが、この時間を短くしたいと思っています。まず、このラグタイムはムダ以外の何ものでもありません。どうせ行動に移さなければならないのであれば、とっとと行動をしてしまったほうが生産的です。ダラダラすることで例えば上記の例で言うと、疲れが取れたり、睡眠不足が解消すればいいのでしょうが、決してそんなことは無く単なるムダな時間になっています。

加えて、この時間はネガティブな事しか考えていません。やらなきゃいけないけど嫌だなぁ、やりたくないなあとか、そんなネガティブな事ばかり考えています。この思いを消すためにはどうしたら良いかといえば、ちゃっちゃと行動をしてしまうより他に本質的な解決策は有りません。

このラグタイムを短くすることで『自分はすぐやる人間だ』という良いセルフイメージが定着するはずです。この『すぐやる』『すぐに判断する』という事は、仕事ができるための必要条件だと思っています。

アメリカから帰国後、この『すぐにやる』という事が出来なくなっています。良くないですね。行動を先送りしてもロクな事はありません。もちろん仕事の優先順位付けは大切ではあるのですが、それと同じくらい『思考と行動のラグタイムを短くすること』を大切に位置づけたいと思います。

イメージとしては、「よし、これをやろう」と思った瞬間に、『弾かれたように体が動き出す』というようなイメージを持ちたいと思います。このイメージをもって、思考と行動のラグをなくし、すぐにやる習慣を定着させていきたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です