#1021 戦略的視点で体と心を休める!

仕事も論文も一生懸命に活動しており、ソコソコの成果が出始めてとても嬉しく思います。今が頑張りどきなので、手を抜いてはいけません(と、ここ数ヶ月ずっと言い続けている気がしますが汗)。出来る範囲で無理しながら活動を継続していますが、今後もこのペースで継続的に活動をしていくために体調のコントロールにもっと気を使うべきだと思っています。

特に最近は土日も予定が入りがちなこともあり、長い時間寝るということは出来ません。だから時間の使い方も大切になります。限られた時間の中で体も心も休めるという時間を確保していくことが必要になります。もっと言えば、限られた時間の中で、如何に質の高い休み方をするかが重要になると思います。

休むというとサボっているような気持ちになってしまうのですがそうではなくて、休んでいる以外の時間に高いパフォーマンスを発揮するための投資の時間と考えるべきだと思います。たしかに自分の場合は、休むということをサボる事の口実にしているところもあるので(汗)、安易に休むのは駄目だと思います。しかし投資と考えると、必要以上の休み過ぎや、休まなくてパフォーマンスを落としてしまうのも、投資効果という観点から考えると損だと捉えることになるのでしょう。

投資と考えて休むとなると、休んだ分だけ体力と精神力を回復させなければいけません。そのように考えると少し緊張感も湧いてきて、中途半端には休んでられません。一日の時間は24時間しかないので、中途半端に休むとか意味のない時間に使うという選択肢は元々あってはならないのかもしれませんが(汗)。

ということで、休める時間の作り方、休める環境、休むための条件などを真面目に考えて実行に移しているこの頃です。しっかり休んだ結果として、仕事等のパフォーマンスが上がるように頑張りたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です