良い習慣を取り戻すには最初は気合いじゃ! #1267

最近、アメリカ出張や論文の再投稿など、色々とバタバタしていました。そのため、ブログを始めとして(汗)、運動、掃除、未来への投資など、自分の日々のルーティンが全部ストップしてしまっていました(汗)。

これらの習慣はどれも長期的に見て、大きく自分のプラスになることは間違いありません。だからこのまま上記の習慣を失ってしまうことはありえないと思っています。

同時に、習慣を失ったまま惰性で生活を送っていくことの損失を意識したいと思います。上記の習慣は『どれも長期的に見て、大きく自分のプラスになること』であり、それらを行わなずに生活していることは、長期的に自分が大きくプラスになることが見込めていない (汗) ということだからです。失った時間は取り戻すことが出来ません。人生にウルトラCは見込めない以上、あとから『失ったもの』をまとめて取り戻すことは出来ません。となれば、一日も早く失った習慣を取り戻すべきでしょう。

もちろん、一度途切れてしまった習慣を取り戻すのはエネルギーのいることです。習慣という名の通り、定常的にやり始めれば何の苦労もなく取り組むことができるのですが、習慣化するまでは(そして今回のように失った習慣を取りもどすまでは)非常に大きなエネルギーを必要とします。

しかし、このエネルギーを惜しんでいたら、いつまで経っても習慣を取り戻せません。上記の通り、習慣を失ってしまったことが大きな損失である以上、四の五の言わずにすぐに習慣化に取り組むことがべきでしょう。この際、効率とか何とか言わずに、単に『気合い』で習慣を取り戻すしかありえないと思います。

何でも勢いが付き始めれば、あとは惰性で自然に流れて行きます。だから勢いを付けるまでは、なんとか『気合い』で乗り切りたいと思います。最初の1回だけ回すことが出来れば、あとは『慣性の法則』が働きだすのでどんどん楽になっていくはずです。この最初の一手間の努力を惜しんで習慣を再開出来ない自分に対して、非常に腹立たしく思っています。ということで、今日からすぐに再度習慣化に取り組みたいと思います。まじ『気合い』だけです、でも気合いでは誰にも負けません!(行動が付いて来ないのが難点ですが汗)。

というか、そもそも論なんですが、自分がこんな状況に陥ってしまったのは、習慣を切ってしまったことで、『慣性の法則』が働かなくなってしまったことにあります。色々な理由があるとはいえ、この慣性を切ってしまったことが痛恨です。今回の苦しさを忘れれることなく、なるべく習慣を切らないようにします!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です