#128 バントヒットを狙いにいかない!

過去二年間の業績査定の提出が終わりました。結構な量の文章を書かされて大変でしたが、自分の教科書作りだと思いながら楽しんでやりました!

過去の業績を振り返っての感想ですが、会社に望まれている事以上の業績を上げることが出来て、まずはよかったと思っています。しかしながら、より上を目指していくために、本当に大切な仕事に取り組むことを徹底したいです。

野球で例えるなら(?)、過去二年間、出塁率、打率は高かったと思いますし、業績評価につながる数字を残せたと思います。確かにクリーンヒットを何本も打てたと思うのですが、しかしながらバントヒットが多かったような気がします。

組織を勝たせる得点をとれたかどうかに関しては、ある程度の貢献はできたと思うのですが、患者さんのためのホームラン(イノベーション)を打てたか?、には厳しい答えが必要です。

もう、ある程度ヒットは打てているので、もっと本気で振っていることが必要なのでは、と感じました。自分が本当に目指している事、求められている事は、数字のために働くことではないはずです。

ということで、ここから3年間は、大きな仕事に取り組みたいと思います。自分の強みが活かせ、波及効果が大きく、既存の考え方を超えるような成果を出せる、そして自分にしか出来ない仕事に取り組みたいと思います。

最近、仕事をしていて「不完全燃焼感」を感じることがあります。決して手を抜いて仕事をしているわけではなく、仕事に対して真面目に取り組んでいるのですが、その仕事がどれだけ意味のある仕事なのか、不安に感じる点があるからだと思います。

仕事は黙っていても飛んできます。その中には、どれだけ上手く打てたとしても「ポテンヒット」「バントヒット」にしか出来ない悪球も含まれています。確かにそれらの仕事もうまく打てば、目先の数字につながるかもしれません。

しかし、自分の時間を切り売りしてバントヒットを量産するという働き方はしないようにしたいです。そんな仕事には可能な限り手を出さず、成果 (患者さんのための薬) につながる本当に意味のある仕事に取り組みたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です