自己アピール出来ない病を克服したい

自分は自己アピールみたいなことがとても苦手です。自分を外に表現するのが苦手です。平気でそんなことやってるアメリカ人とかを見ると、日本人は特に苦手なのかな〜なんて思ってしまいます。

例えばSNSでも(自分は他の人のSNSの写真は楽しんで見ているのですが)自分が映る写真をアップするのは殆んどしません。(基本的に自意識過剰なのですが)恥ずかしいですし、見せるもの(=晒すもの)でもないだろう、みたいな穿った思いもあるのでますます苦手です。このブログでも同じですね。自分の良い面なんてあまり書かずに、失敗したこと、反省点、改善点みたいなことばかり書いています。

まあ別にSNSやブログは個人のものなので、見せようと見せまいと別にどっちでも良いと思っています。しかし仕事などでは、必要な時に自分を適切にアピールすることは大切なのだと思います。それでチャンスを逸してるかもしれないと思うと少し残念です。

なぜ自己アピールが苦手なのかを考えてみると、良い面のみを提示することにためらいがあります。自分の普段はグータラのダメ人間なので、良い面だけ出すのはどうかと思います。でもだんだんと(自分が自意識過剰なだけで)、実はそんなことあまり気にしなくて良いのかもしれないと思うようになってきました。

だいたい実際の世の中のプロモーションってそんなものですよね。いま会社で使ってるダイソンの掃除機だって、コードが短い、とにかく音が大きくて気になる、ヒビ割れや傷になりやすいプラスチック部品が多い、みたいな点に感じます。しかし当然のことながらCMではそんな事は一切示さず、「デザインの良さ」や「いつまでもが下がらない吸引力」などが謳われています(ダイソンの掃除機の吸引力は本当に凄いと思います!)。

CMなのだから良い面を強調する事は当然です。かといって、良い面を強調したからといって「(自分が思う掃除機の)マイナスな面が無い」と嘘ついているわけではありません。ただ単にマイナス面は提示していないだけです。

自己アピールも「そんなもの」だという割り切りが必要なのではないかと思いました。マイナス面が無いと嘘をついてはいないけれども、あえて殊更にマイナス面を提示する必要もありません。そもそも自分は短所ではなく長所を判断してもらい、自分の長所を生かして働きたいと思っています。であるならば、自分の長所はもっと提示していかないとダメですね、反省です。少しメンタリティを改める必要がありそうです。少しずつ変わっていきたいと思います、頑張ります!!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です