新しいチャレンジにこそ希望を見出そう

新しいチャレンジには「チャンスとリスク」がつきものです。「機会と懸念」と呼べるかもしれません。以前もこのブログで書いたかもしれないですが、自分はやたらとリスクのみが気になりチャンスのほうが意識されにくい状態になりがちだと思っています。もちろん自分も「チャンスとリスク」を考えた上で新しい挑戦をするので、当然のことながら両方を考え、その大きさを比較しようとします。

その上で自分が新しい挑戦に踏み切るのは、チャンス(リターン)とリスクを比較して、チャンス(リターン)か大きいと考えたからです。だから新しい挑戦においては本来であれば「機会 > 懸念」となっていないといけないはずなんですけどね。しかしその状況で決断したのにもかかわらず、決断後にはリスクのみが気になり気分が晴れないという状況が続いたりもします、変ですよね (汗)。

これは自分がリスク管理を意識しすぎることに関係しているかもしれません。リスク管理の要諦としては「最悪の状況を想定して最善の対策を行う」ということが大切なので、自分は常日頃からそれを心掛けまた実践しているつもりです。しかしその過程でリスクに対する意識のみが高まってしまい、チャンスに対しての希望が(失われてはいないにしろ)意識されにくくなってしまうのは良くないことです。

リスクを減らしていくというための行動をとるのはもちろんですが、同時にチャンスに対する希望が大きくなるような行動がとれるとよいですね。つまり「失敗したらそんなネガティブな事が起きるのか?」だけではなく「うまくいったときにはどんなチャンスが広がるのか?」をもっと考えて気分を盛り上げることも大切なのではないかと感じています。新しいチャレンジに対してもっと前向きな気持ちを持ちたいと思っています。

そもそも様々な結果・成果は行動から生まれますが、その行動は目標から、そしてその目標は希望から生まれると思っています。ですので、希望を持つことが全ての始まりです。自分の変な(リスクの行き過ぎた)思考の癖のせいで希望が失われしてしまうことは非常にもったいないことです。どうせやるなら希望を持って・楽しんでやりたいと思っています。ということで、これから始まる新しいチャレンジに対しても、様々な面から希望を見出し、目標、行動、そして成果とつなげていきたいと思います、頑張ります!!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です