ペースメーカーとしてのブログを書く意義の再確認

最近また自分が停滞していると感じています。サボっているかといえばそんなことはなく、日々頑張っているつもりです。しかしながら、日々の些細な瞬間において、正しい判断や行動が出来ていないように思えます。

例えば、勉強をしたりストレッチをしたりするのは、たった5分の時間があれば出来る話です。この5分が捻出できないほど忙しいわけではなく、単に勉強やストレッチをするという判断を下せないだけです。一方で、それほど成果に繋がらない仕事にたくさんの時間をとられてるように思います。良くないですね。

いま自分が感じるイメージは、ぬかるみの中で走ろうと一生懸命に頑張っている感覚です。もちろんそこで前に進もうと頑張るも大切ですが、まずはぬかるみから抜け出して、確実に走ることができる道の上で全速力で走ることを考えるべきだと思います。自分のエネルギーを奪ってしまうような環境から早く抜け出すこと、自分が全力で前に進める環境でこそ試すべきことを確実に実行することが必要です。

正しい環境において日々やるべき行動が確実に実行できている時はどんなときでしょうか。それはありたい自分像やセルフイメージを高く保ち、かつ自分を客観視することが出来ている時です。そういう時には、1日の変化はごく僅かだけれども、(変化の方向性さえ間違ってなければ)確実に自分の理想像に近づいていけている、という確信が得られます。そうすれば冒頭に書いたような「停滞してる感じ」を感じることはありえないでしょう。

前置きが長くなりましたが、今自分に必要な事は自分を客観視し、理想の自分像と現実とのギャップを明確にし、そのギャップを埋める行動を天引きして確実に継続していく事です。やり方は色々ありますが、まずはブログと日々の『未来への投資』を確実に継続していく事だと思います。さらには、その為の小さな仕組みやルール作りに取り組み、自分を取り巻く環境が変化しても習慣化した「成果を生み出す行動」を確実に実行出来るようにする事だと思います。最近サボりがちですが、まずはブログから、確実に書いていけるように今日からまた頑張っていきたいと思います!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です