#506 先送る癖を根絶するために!

目標達成まで、あと25日!

(1)英語、
活動なし(汗)

(2)論文執筆、
活動なし
時間、0h

(3)論文新ネタ、
マネジャーと面談

(4)その他活動、
仕事!

(5)ブログ

自分の行動の傾向として、今のことには頑張れるけれども先のことを見越して行動するのは苦手だと思っています。

その結果、先の問題が大きくなりその火消しのために今が忙殺されるというダメなループに入ってしまいがちです。特に自分のキャパシティーを超えてしまう時に、このケースがよく起こってしまいます。

先の予定をコントロールして逆算思考で始める、仕事を前倒すとか、先手で仕掛ける、という事に対して腰が重くなってしまいます。良くないですね。このブログでも繰り返し話題にしている自分の「先送りグセ」です。

これでもだいぶ改善したと思っています。手帳による予定の管理とか、仕事に取り掛かる際の自分ルールをつくっておくとか、の取り組みをしています。

でも理想の姿にはまだ全く辿りつけていません。自分が参考にしているマネジャーの仕事の「取り掛かり」のスピードは驚くべき速さだと思います。マネジャーとボクでは仕事のスピードはほとんど変わりませんが、彼のほうが取り掛かりが早い分だけ相手からのリアクションなども早いため、トータルの仕事の進み具合に大きな差が出ていると感じます。

更に仕事を先送る癖は最悪のケースを招きます。それは先送った結果、そのまま対応を忘れてしまうことです。これは約束を守れない、返事をしない、などの結果になり、大きく礼を逸してしまう結果になってしまいがちです。

それを防ぐためには、仕事が発生したその時点ですぐに対応をすることなのではないかと思います。でも、わかっちゃいるけど出来ていない。なぜでしょうか?自分の心が弱く、まあ「今回だけ先延ばしてもいいか」という悪魔の声が出てしまうこと、が原因です。一度、先延ばしてしまうとそれが癖になってしまい、前回問題が起きなかったから今回も先延ばししたくなり、歯止めが効かなくなってしまいます。

だから「絶対に先延ばししない」という自分ルールを作った上で、それを100%守っていくこと・それを習慣にすることが大切でしょう。もしすぐに取り掛かれない理由があれば、いつ取り組むのかを決めてその自分との約束を守るようにします。

今日から、今から、この先送り癖の根絶に取組みます!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です