#815 どうせやるなら楽しんでやる!

期限まであと56日!

(1)論文活動、活動なし

(2)英語勉強、活動なし

(3)その他活動サマリー、
風呂のカビ取り

(4)陸トレ、活動なし

(5)感謝、
連休で休めること!

(6)新しい挑戦・昨日からの進化、
自由エネルギーの勉強

(7)ブログ、

今日も休暇で、自由に時間を使うことが出来、充実した一日となりました。明日も有効に時間を使っていきたいと思います。

さて、本題です。仕事でも、家事でも、勉強でも、楽な事や好きな事ばかりではありません。しんどい時も当然有ります。しかしそれでも楽しんでやることだけは忘れないで置こうと思います。

楽しいということには色々な側面があると思います。自分の思った通りに上手く行ったから楽しい、達成感を感じて楽しい、得意な事をやっているので楽しい、好きな事をやっているので楽しい、などはポジティブな状況における楽しさで、誰もが感じられるものだと思います。

一方で、自分の思った通りにいかない、苦手な事・好きではない事をやらないといけない、など一見ネガティブな状況では、感じ方は人それぞれなのだと思います。

いつも書いていることは楽しいというのは感情(判断)であり事実ではありません。どんな事実があろうとも自分の気持の持ち方次第で楽しみは生み出せるはずです。自分が追い詰められた時はこのことを忘れ、楽しさを失ってしまいがちです。

そのような状況でも、まず先に楽しいと思うことから始めたいと思います。もっと言えば『自分の仕事・生活・人生は楽しいものだ』と定義して常に楽しい気持ちを作ってしまった後で、何で楽しむか?どのように楽しめるか?を考えていけばいいのだと思います。

上記したネガティブに思える状況でも楽しみは生まれます。例えば、自分の思った通りにいかないという状況であれば、自分の考えが浅はかであればそれを修正するチャンスだし、もし自分の考えが妥当なのに思い通りにいかないのであればそこには何かの発見やイノベーションの種が潜んでいるとかんがえることが出来ます。どちらにしろ、これは楽しいと考えていいのではないでしょうか。さらにもしもその状況を乗り越えることが出来ればそれは堪らない達成感に繋がるでしょうし、その困難な課題に挑み達成しようとする状況はとてもやり甲斐のあるという意味で楽しいのだと思います。

月並みな言葉ではあるのですが、一度しか無い人生なのだから楽しまないと損です。最近、少し楽しむことを忘れていた自分を残念に思います。あらゆる面で『どうせやるなら楽しんでやる!』ことを前提にして、異なる種類の楽しさを追い求め、実りある人生になるようにしたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です