#1096 追われない仕事にこそデッドラインを!

仕事に追われていたピークの時期を最近は脱することができ、比較的落ち着きを取り戻してきました(といってもまだ人並み以上はバタバタしているのですが汗)。
こういう他人からの締め切りに追われない状況が続くとついついダラダラと仕事をしてしまいがちになってしまうことが問題です。これはまさに緊急性のパラダイムに囚われており、重要度の軸で考えることが出来ていないということが問題なのだと思います。
だから重要度の軸で仕事の順番を決めることが出来る今が本当にチャンスなのだと思います。まずは緊急度の軸を完全に除外した上で、ゼロベースで何に取り組むかを考えます。そしてそれにデッドラインを決めて真剣に取り組もうと思います。
自分は締め切りが決められると全力を出せる傾向がありますが、重要だけど緊急ではないことはじっくりゆっくり自分のペースで取り組む傾向があります。重要だけど緊急ではない未来への投資が後回しになるのは、このためだと深く反省しています。
それでは全くダメで、むしろ反対にこういう重要な仕事こそ全力で取り組むべきです。と言うのは、限られた時間内にどれだけ重要度の高いものから潰していけるかが、自分の投資に対する未来のリターンの大きさを決めるのだと思います。
緊急度ではなく重要度で判断しろとか、デッドラインを決めろとか、まあ当たり前なのです。ですが、そのようなことを書いたビジネス本や自己啓発本が書店の棚に一杯並んでいるのをみると、当たり前だけど出来ていない、分かっちゃいるけど実行できないというのが、多くの方にも当てはまるのではないかと思います。
であれば、自分が当たり前のことでも出来るようになれば、それだけで一定の競争力を身につけることが出来るはずです。これも習慣化の問題ですので、これまでセミナーなどで学んできたことを活かして、当たり前の習慣の習得に向けてトライをしていきたいと思います!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です