先送りを撲滅し悪循環を脱する #1196

最近、特に自分が仕事で意識していることが、好循環を引き起こすということです。好循環に入れればやる事なす事すべてうまくいく、という『Fever 状態!』に入ることが出来るのだと思います。しかしその前にまずは自分が今いる悪循環から抜け出さないといけません (汗)。色々な悪循環がありますが、その最たるものは先送りを続けたことにより、締め切りが近づいた仕事に追われていることです。

自分の場合、仕事に追われると冷静さを失います。冷静さを失うと仕事にミスが生じてしまいます。こうなるとやり直しやクレームに繋がるため二度手間になって時間を浪費してしまうため、他の仕事が圧迫され、それが他の仕事での二度手間を引き起こしてしまうという悪循環に入ってしまいます。この状態を食い止めるためには、どこかで無理して仕事から追われる状況を改善しなければなりません。

怠け者の自分でも、その状態ではなんとか頑張れます。というのは、既に火事が起きていて(場合によっては大火災になっており)多方面からクレームが来る状態であれば、先送りしたいなどと言っている場合ではありません。

しかし、それらがおおかた鎮火した時に『やれやれ、ここで一休み』と気を抜いてしまい、折角立て直したゼロの状態からまたマイナスの悪循環に入ってしまいがちであることは大問題だと思います。反対にここでもうひと頑張り出来ない自分にとても歯がゆく思っています。

しかし、このやるべき事を先送りしてマイナスの悪循環に入ってしまうと何が起こるのかを想像してみたら良いのだと思います。いや想像というより、過去に先送りして大火災になって泣く思いをしたことを振り返って思い出してみたら良いのだと思います。

こうやって考えてみると、過去に散々痛い目をしたのに、結局はその思いが喉元を過ぎたら忘れてしまっているのですね (汗)。悪循環でにっちもさっちもいかなくなって大火事を繰り返し、多方面にご迷惑をお掛けしてしまったこと、良くしていただいた方の信頼を裏切ってしまったこと、そして様々なチャンスを失ってしまったことを思い出し、その損失の重大さを理解したいと思います。

とにかく即断即決の精神でとにかく先送りしない事でしか、悪循環を脱し好循環に入って行くことはできません。(確かに仕事の上手い下手はあるものの)楽して悪循環を脱する方法がない以上は、先送りしたいと思うその瞬間に負けない事こそが重要で、それを積み重ねることでしか状況を改善できません。その時に負けてしまうと、それを取り戻すためには後でますます大きなエネルギーが必要になります。『先送りしたい』と感じた時が勝負であり、その瞬間に絶対に負けないという強い意志をもって、先送りを撲滅したいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です