チャレンジできる環境は今しかないかもしれない #1217

今、仕事でも遊びでもそれ以外でも(困難なものから、しょぼいものまで含め)色々とチャレンジをしています。どのような目標に対してであれ、目標に向かってチャレンジしている自分に対しては『良く頑張っているな〜』と肯定したくなる気持ちが湧いてきます。チャレンジの結果がどうなるかは別として、目標に相応な分の行動だけは(相対的なレベル感はともかく)行っているつもりです。

しかし、そんな状態で自分が体力的・精神的にキツい状態になってくると、自分の視野が狭くなってしまい、『自分だけが頑張っているのだ』みたいな途方もない勘違いに陥りがちです(全く恥ずかしいことなのですが汗)。

そもそも自分が何の心配も無くチャレンジに集中できるのは、自分がそういう環境にあるからです。極端な話ではありますが例えば自分が紛争が続く地帯にいたなら、生き延びることが重要でチャレンジなんて言っている場合では無いでしょう。また健康面でも精神面でも、少々の無理が出来る状態である事自体も恵まれている証拠かもしれません。

言うなれば『チャレンジできる現状』はラッキーであり、めったにない思い切って挑戦できるチャンスなのかもしれません。もちろん自分としては様々な問題や懸念を未然に防ぐことに投資して、チャレンジできる環境を自分なりに整えて来たつもりではあります。しかし、その貢献も自分が恵まれた環境にあることに比べると僅かな比率に過ぎないのだと思います。

そのため、この環境が当たり前だと思ったら大間違いですし、いつまでも続くなんてことはありえないのだと思います。そう考えると、まずはこの恵まれた環境に感謝したいと思いますし、恵まれた環境にいるのだと思うと、今以上に頑張って行動したいという思いが強くなります。そして今しかないチャンスだと言われれば、チャンスの時に行動を叩き込み『一気に勝負をつける』くらいのつもりで活動したいと思えてきます。

つまり、もしこれが自分にとってチャレンジが出来る最後のチャンスだと仮定したら、今行っている事に引き続き取り組み続けるか、とか、今行っている行動の質や量で後悔はないか、という思考実験をしてみたら良いのかもしれません。どの質問にも『絶対にYESです!』とすぐには答えることができないので、まだまだ大いに改善の余地はあります (汗)。。。もちろんチャレンジですから頑張った結果として、うまくいく場合もあるでしょうしいかない場合もあるでしょう。ですが、少なくとも自分が納得できるだけの準備ができるように、頑張りたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です