1分でも無駄にしなければ生活が楽になる

最近、色々と忙しくて、まとまった時間があまり取れていません。これが一時的なものかと言われるとそうでも無いように思っていて、これからも継続して色々なタスクが降ってくるように思います。そう考えると、時間管理のスキルや意識を大きく作り変える必要があると感じています。

いま自分が特に注意しているのが、僅かな細切れの時間を無駄にしないことです。自分は何かの作業が一段落した後などに、ふっと安心してネットサーフィンなんかをしてしまいます。実際の時間はこれが数分程度なのですが、それが一日に複数回やっていて、これらを全てまとめると、ブログが一本書けるくらいの時間は生み出せそうです。もちろんネットサーフィンが全て悪とも言えず、RSSツールを使った情報収集なども含まれているので、全て無駄だと排除する必要はないとは思うのですが、それだけの時間があれば他に出来ることはあるということを理解しておくべきでしょう。

そもそも一分あればゼロ秒思考のメモ書きが一枚出来ます。メモ書きを通じて(うまくいけば)ブログの構成を考えることにも転用できるでしょう。一分あれば、先送りしてご迷惑をお掛けしているメールに返信することができますし、それを通じて信頼の回復に繋げることが出来るでしょう。このブログだって僅かな空き時間に書いているところです。

要は『僅かな時間でも、やれば出来る』ということを理解できたのは、非常に意味があると思っています。一度このような成功体験を得ることができれば、次回もやってみようと思えるわけで、今回その一歩を踏み出すことが出来たのは大きな収穫だと思います。あとはこれを突発でやったり、気が向いた時だけにやるのではなくて、デフォルトとして習慣化できれば、さらに自分の生活が楽になるのでしょうね(少なくとも睡眠不足は解消すると思っています)。『一分間も無駄にしない生活』と考えてしまうと息が詰まりそうに聞こえますが、それを通じて自分の生活が楽になり質も向上すると考えると、むしろ『ダラダラしている時間も有効活用したくてたまらない!』とさえ思えてきます。そう考えると、寝起き時、仕事の後、食後などに、無駄にしている時間がいっぱいあるように思います。ということは、まだ伸びシロがあるってことですね(笑)。

ある売れっ子の作家さんはインタビューの際、インタビューアーが質問する空き時間の10秒間あれば別の仕事をして、10秒後にはまたインタビューに戻っていた、というのを聞いたことがあります。自分は秒単位で何かをするほど追いつめられてはいないのですが、意識だけはそのレベルで持っておきたいと思っています。まだまだ修行が必要です。今後も精進します!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です