ブログのネタ不足解消のためにも先送りは厳禁

毎日ブログを書いていて最大の困り事は慢性的なネタ不足です (汗)。毎日、大事件が起きたり、感動的な出来事が起きたり、大失敗をしていればネタには事欠きませんが、そんなわけはないので日々の生活の中での気付きや反省を書くことにしています。となると、どうしても同じようなネタばかりになりがちで、そのうちに書くことが無くなります(それでも誰も読んじゃないでしょうし、覚えちゃいないでしょうから、結局は同じようなことを書いちゃうのですが笑)。

このような慢性的なネタ不足に悩まされ、キーボードの前でウンウンうなりながらネタを絞り出している自分にとって、『これは!』と言えるアイデアや体験は是非ともブログネタにしたいと思っています。しかし良いアイデアだとその時は思っても、実際にブログに出来ていないことが沢山あります。これは本当に勿体無いと思っています。ですので、少しでも歩留まり率を高めるために、どこでネタが落としているかを考えてみたいと思います。

まず一つ目は、良いアイデアを思いついたけど、別のことを考えて三歩歩いている間に忘れてしまうという、本当に情けないことです。二つ目は、アイデアを思いついてタイトルはメモったけれども、いざキーボードに叩こうとした際に、このタイトルが何を意味するのか思い出せない、というこれまた恥ずかしいことです。三つ目は、タイトルを考えてさらに構成まで考えておいて、いざ書きだそうとしたけどうまく文章に出来ないというものです。最後に、文書までは書いたけどこれを公開するのはショボすぎるという場合です。

こうやって振り返ってみると、3つ目や4つ目でボツになることは殆どなく、1つ目と2つ目で落としている割合が圧倒的に多いことに気が付きます。この状況を脱するためには、アイデアを思いついたら (1) 必ずメモをして、(2) 何を書くべきかをその場で考え構成まで作ってしまう、ということが必要です。確かに、何かをやっている時には、その作業を中断してまで上記の (1) と (2) を実行するのは面倒な場面もあります。しかし冷静に考えるとその間僅か数分であり、ネタが無くてキーボードを叩く手が止まっている数十分を考えると圧倒的に費用対効果は高いわけです。

そう考えると、これらをやらない手はないですね!早くブログを書くことができれば早く寝ることが出来たり、自分の好きな事に時間が使えるわけで、実際には自分の生活の質の向上に寄与することを考えると、『面倒だ』という短期的な感情に流されてしまうのは本当に勿体無いことです。思いついたその瞬間にメモをして構成まで考えてしまうというのは、考えてみるとこれも即断即決即行の一環ですね。『面倒だ』と絶対に先送りすることなく、その場でケリを付けて後で楽が出来るようにしてしまいたいと思います、頑張ります!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です