朝走って通勤するために必要なこと #1358

12月にフルマラソンを控えていますが、十分な練習が出来ていません。それは怪我の影響もあるのですが、単に仕事が忙しくて時間が取れていないことが原因です。現状では週末の一日には強度の強い練習をして、もう一日には軽めの練習ができていますが、平日は殆ど練習時間が確保できていません。平日にもっと運動をしたいです。本当は仕事が終わった後に練習が出来れば良いのですが、深夜に走る元気はありません。

そのため、練習をしようとすると朝ってことになりますが、これまで朝走れたことはありません。幸いなことに自分は走って通える距離ではあるので、会社まで走っていくというのも一つのプランかもしれません。バスで通うよりも若干時間はかかるのですが、練習 + 通勤の一石二鳥の時間の使い方が出来るはずです。実際のところバス通勤は、バスを待っている時間やバス停から会社までの時間などを考えると、意外と時間がかかっていることに気が付きます。

なので走って通勤することを真面目に考えてみるとともに、その阻害要因となっているものを取り除きたいと思います。朝走ることの問題点は、まず時間が無いってこと、荷物が多いので走りにくい、冬場に向けて朝が死ぬほど寒い、の3つが考えられます。

まず朝に走って通勤をするためには、そのための時間を確保しなければなりません。しかし現状は、朝は起きれていません (汗)。基本的に前日の夜もぎりぎりまで活動しているので、朝は会社にいくギリギリまで寝ています・・・。そのため、まずは前日に早く寝て早起き出来る状態を作ることが必要です。だから走って通勤する日を予め天引きしてしまうことで、その前日は仕事を早めにあがって早く寝て、練習の日に早起きできるようにしたいです。『時間があれば走ろう』では絶対にサボると思います。会社の仕事の予定や天気予報などと合わせて、週の前半には予定を決めて、時間を天引きしておきたいですね。

荷物に関しても同じく練習日を計画的に天引きすることで対策が可能になりそうです。たとえば、走る前日はノートパソコンを持って帰らないとか、会社で着替える着替えやタオルを前日までにオフィスに置いておくとか、なるべく荷物を減らす工夫は出来そうです。必要なのは単に事前の準備だけです。

最後に、寒がりな自分としては防寒対策はしっかりとしたいですね。耳あて、ネックウォーマー、手袋、ランニングスパッツ、ウィンドブレーカーみたいなのでバッチリ寒さを防ぎます。ランニングのための耳あても早速アマゾンで買っておきました。加えて、朝も夜帰るときも暗かったりするので、安全のためLED点滅のアームバンドも準備しておくことにします。まあ、こんだけやっておけば大丈夫でしょう。もう走らない言い訳は出来ません (汗)、フルマラソンに向けてしっかりと練習時間を確保したいと思います、頑張ります!

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です