生産性に直結するIT環境は整備したい

『今更ながら』ではあるのですが、自分の仕事や日々の生活スタイルを見なおしています。仕事であれ休みの日であれ、自分は非常に長い時間、パソコンに向かっています。そのためハード・ソフト両面でのIT関連の効率化は自分の生産性に大きく貢献してくれると思っています。

例えばその一例として、家ではMacを会社ではWindowsを使っているのですが、家でも会社でもストレス無く文章を打てるようにするため、同じキーボードを使っていて、さらにMacとWinで微妙に異なるキー配置を同じに設定しています。自分のパソコンの用途は文章を書くことがメインの用途です。そのため、家と会社で辞書ソフトを同じにしており、またユーザー辞書も共通にしています。これにより、家にいても会社にいても、同じようにストレス無く文章を書くことが出来ます。

さらにすぐに文章を書ける状態を作っておくことも大切かもしれません。ここのところ家のMacの調子が非常に悪く、すぐに止まったり落ちたりという状態でした(理由はよくわからないのですが)。このような状況ではサクサクと文章を書いたり、そもそも書きたいという気持さえ湧いてきません。色々と対策をしたことで状況は良くなったのですが、もしもこの状況が改善しなければ新しくMacを買うことも考えても良いのではないかと思います。というのは、快適に作業ができない状況は自分にとって生産性を著しく下げるものであり、それが10万円のお金で解決できるのであれば、(自分の時給を時間換算して考えれば)すぐに元が取れるように思います。

一方でまだまだ課題もたくさんあります。まず情けない話ですが、自分はキー入力の時の誤字脱字が非常に多いということです。原因はすでに分かっていて、ブラインドタッチの右手のキー(特に右小指のpとか−とかで)で誤字を頻発し、小指でDelキーを押し間違えてまた誤字を生んだり、etc. のパターンが最も多いように思います。左手はショートカットもよく使うので全く問題はないんですけどね。ブラインドタッチは一応出来た気になっていてキー入力も早いほうだと思うのですが、右手のキー入力を正確にすることで更に生産性は向上すると思っています。

(会社では難しいかもしれないですが)家では必要に応じて音声入力なんかもやってもいいかもしれないとは思っています。また色々な便利なアプリやツールもあるみたいなので、このあたりも(教えてもらうことを中心に)取り入れていきたいとは思っています。自分としてはもともとITにあまり詳しくはなく、またそれほど流行も追わず『使えればいいや』というスタンスではあるのですが、長期視点で生産性に直結する点に関しては積極的に投資をしていきたいと思っています!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です