決断力を低下させる睡眠不足は先送りの原因

何度も書いていることですが、最近注力しているのが仕事の先送りの撲滅です。嫌な仕事や苦手な仕事であっても先送りすることなく先手先手で取り掛かり、自分が追われている状態にならないように何とか頑張っています。このブログでも先送りの撲滅について何度も取り上げ、仕事でもプライベートでもなるべく前向きに頑張ってきたつもりです。その甲斐もあって最近は調子が良かったですが、つい先日、気持ちが全然乗らずに見事に仕事を先送りを繰り返してしまい、仕事が大炎上してしまいました。もう最悪です (汗)。

理由は色々とあったのですが、その原因を考えてみると、情けないことに『睡眠不足』も一つの原因だったと思います。忙しい時期には帰宅も遅くなり睡眠不足になりがちです。そうすると自分の場合、決断力が大きく下がってしまいます。そうすると物事を決めることが出来ずに結果として仕事が先送りになってしまっているようです。決めるということは、その他の可能性を全て捨ててしまうということなので、大きなエネルギーを必要とする場合があります。決めるとは、選択肢を挙げ、それに適した選択基準を設定して判定をし、最終的に選択肢を一つに絞る判断をする、というプロセスが必要です。これを即断即決即行していくのですから、気力や集中力がないと出来ないですよね。

仕事を先送りしてしまうと、それが気になって日々の充実感や満足度が下がり、不安や焦りが生じてきてしまいます。結果として、仕事を先送りしているときは、ストレスが多く、夜の寝付きも良くない状態になり、そうなると益々睡眠不足になって決断力が下がってしまいます。このような状態では先送りして大きくなった『雪だるま状態』の苦手な仕事に立ち向かえるはずもなく、ますます仕事に手が付けられなくなる悪循環が始まってしまいます。

このように、苦手な仕事が溜まってしまってにっちもさっちも行かない時には(本来はあってならないのですが)どこかで仕事を損切りざるを得ないことだってあると思います。その時はお客様にご迷惑をおかけし、上司やお客様からこっぴどく怒られることになるのですが、その選択をするためには決断力・気力が必要になります。そのためにも思い切って睡眠をたっぷりと取らないとだめなのでしょう、中途半端な気力では耐えられません。このようにして溜まった仕事を捨て去った状態なって初めてプラスマイナスゼロの状態に戻すことが出来るのだと思います。

ということで、やっぱり寝ないとロクないことは無いですね。変に目先の仕事の成果に囚われること無く、長期的にコンスタントに成果を出していけるよう、睡眠時間の確保だけは何より優先したいと思います。ということで、もう遅いので、寝ます。おやすみなさい~。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です