間に合わなかったなんてことは絶対にない!

最近、嬉しいことに三報目の論文がアクセプトされました!この研究はは入社してから3つ目に取り組んだプロジェクトであり、以来、随分と長いこと研究に携わりました。思い返すと2010年くらいから論文の準備はやっていたのですが、なかなか投稿できずにいました。それは、社内の戦略上の理由で公表できなくなったり、自分が準備をサボっていたり(汗)、色々な理由はあったのですが、今年の4月に入ってから本格的に取り組み始めました(それが、このブログが止まっている一つの理由でもあるのですがwww)。

紆余曲折あったものの無事に発表することがで出来て本当に嬉しく思います。しかし一方で、今更出しても遅いんじゃないの?という思いもありますし、実際に同僚からはそのように声をかけられることもありました。確かに、いま研究所が組織改編でゴタゴタ(笑)しているのですが、そうなる前に論文が書けていれば、このゴタゴタにもしかしたら巻き込まれずに済んだか?とか、ゴタゴタの中でも有利に立ちまわることが出来たのではないか、とか思いもします。『間に合わなかったのではないか』という思いが、心のどこかに引っかかっていて、素直に喜べない状況でもありました。

だけど、そんな中でも『間に合わなかったなんてことは絶対にない!』という思いが次第に湧き上がってきました。確かに、今回のゴタゴタには間に合わなかったのかもしれませんが、この先どんなことがあるか分かりません。スティーブ・ジョブズの connecting dots ではないですが、今回の論文を出せたことは自分のキャリアにおいて明確な点が打てたのだと思います。『間に合わなかった』などと後ろ向きの思考をするのではなくて、きっとこの点が将来何かに繋がって『あの時に頑張っておいて良かった』と心から思える時が来るはずだと信じたいと思います。いや、きっとそうなると思います!!(根拠はないですが笑)。

これまでの自分の人生を振り返ってみても、今の自分の姿を過去から想像できたことなんてありません、想像とは随分違うところに来ています、いい意味でも悪い意味でも (笑)。だから今回の点も自分の想像を超えた繋がり方をするはずで、それには『間に合う』ことになるのだと思います。ということで、この点が、将来どんな繋がり方をするか楽しみにしながら、自分の直感と信念を信じて次の点を打つべく、また明日から頑張りたいと思います!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です