タスク完了の快感を癖にしたい!

最近、いろいろな理由で、自分自身が不完全燃焼だと感じる日が多くなっていました。その主な理由は、何度かこのブログにも書いた通り、自分がやるべき重要事項を先送りにしていたことが理由だと思っています。しかし今日は、自分がやるべきタスクを全て終えることができました。そのせいもあってか、今こうして寝る前の時間を非常に満たされた、平穏な気持ちで迎えることができています。

自分としては、その日やるべきタスクを大きく分けて 6 つ設定しています。それは、体重を計るといった非常に簡単なことから、将来のキャリアに関しての活動等といった比較的重い活動などが含まれます。いつもこの「将来のキャリアに関しての投資活動」が先送りにされ、6 つのタスクが未達成になってしまうことが常態化していました。

しかし今日は、この重たいタスクにも手をつけることができ、久しぶりに全ての課題のコンプリートとなりました。やはり、このようにやるべきすべてのタスクを終わらせることができたと言う充実感は、非常に大きいものがあります。6 つのタスクのうち、5 つが達成できたとしても、まだ一つ残っていると言う状態はやはり気持ちの良いものではありません。性格的に五つが完了したというよりも、まだ一つが終わっていないと感じてしまいがちなのかもしれませんが、何とかしてコンプリートしたいという強い思いが出てきます。

これまでタスクを完了できない積り積もった思いもエネルギー源の一つにして、今日は苦手な活動に対しても無事行動することができました。今日、久しぶりに味わうことができたこのコンプリートする気持ち良さを感じることが出来たことにより、これがまた明日以降も苦手な活動に取り組むエネルギーをおそらく生み出してくれると思っています。というのは、この寝る前の時間を気分良く迎えることができるというのは、思った以上に自分にとって価値のあるものだと気づいたからです。

自分としては、この 6 つの活動を継続できれば、必ず自分の未来も明るく開けてくると信じています。正しいことをやっているという自信を持ちつつ、同時にタスク完了の快感を癖にして、明日も頑張りたいと思います!!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です