人生は不条理という前提での振る舞い方

先日、会社で、自分の属する組織を含めた組織改正に関するある決定が発表されました。この発表は残念ながらネガティブな内容です。さらに、◯◯ 組織の全員は ◯◯ である、みたいな組織全体に関わるもので、その組織の構成員(個人)が個別に判断される内容でもなさそうでした。

自分としては、納得がいかないとか、他と一緒にするな・自分は別だろう(違う扱いが必要だろう)とか、運が悪すぎるとか、不条理だ、不平等だとか、(と買いてしまうと、少し大げさすぎる気もしますが笑)いろいろな思いが浮かんできました。

しかし時間が経つにつれて、自分のそんな思いは間違っているのかもしれないと思い返しました。そもそも人生は不条理なものです。そして運が入り込む余地が大きくあるものです。今回の決定は、自分が単に運がなかった、と考えるべきかもしれません。反対にこれまでは自分がツキ過ぎていました。今回が不条理というより、これまでが恵まれすぎていました。つまり、今回の決定前に、運を使い切ってしまったのかもしれません(笑)。

もう一つ、自分が意識しておくべきことは、自分が思うほど周囲は自分のことを見てくれてないし、周囲に評価されてるわけでもないということです。悲しいですが、それが事実です(自分は自己評価が高めなので尚更そうです汗)。すなわち、自分が周囲に対しての自己評価を、過度に期待するようなことはやめにしようと思います。そもそも人生はそもそも不条理なものです。不条理な与えられた条件の中で、どれだけ頑張れるかがその人の価値です。不条理な中での人生のあり方、が問われているのだと思います。

では、どのように振る舞えば良いのでしょうか。他人からの評価は期待しない一方で、自分は自分自身にもっと期待したいと思います。今回のような自分にとってポジティブでない環境においても、自分はもっとできると思っています。自分は唯一自由にコントロールができる存在ですから、自分を信じることは自分に対する投資です。今後も自分に期待してがんばっていきたいと思います!!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です