トレードオフを意識して行動を変える

最近太り気味なので、時間があれば走るするようにしています。自分の場合、10キロ走ると700キロカロリーが消費できる計算になります。これが全て脂肪分で消費できたとすれば、0.1キログラムの脂肪分に相当します。これは菓子パン2個分またはスナック菓子2袋分または缶ビール5本分くらいに相当するようです(製品によってカロリーは色々ですが)。

こうやって考えてみると、減らすのは大変なのに太るのは一瞬だということがよく分ります。このようにカロリーの消費分と摂取分を同じ単位で換算出来ていれば自分の場合ダイエットはうまくいきます。時間管理でも同じかもしれないですね。昼寝をしても、アメトークのDVD を見ても、YouTube を検索して遊んでいても、本を読むにしても、使う資源は同じ1時間です。どう使うかが良い悪いではないですが、使い方によって自分の満足度が変わってくることには間違いありません。

特に時間管理の場合は、何かに時間を使えば、他のことができなくなります。すなわち、トレードオフになっていることを理解する必要があります。同じ1時間で何をするかを決める際、単独で考えると楽な方を選択してしまいます。そりゃそうでしょう、遊びたい、食べたい、寝たい等は本能ですから、人間は放っておくと本能に流れるものだと思います(動物ですから笑)。しかしトレードオフであることが意識されると、「本当に楽な方だけに流されていいのか?」が意識され始めます。「食べて飲んで寝ると健康を害するし、ズボンが入らなくなる。それで良いのか?」とか「ビールを飲んで寝てしまうと読みたい本が読めなくなる。それで良いのか?」などのトレードオフは存在しているわけです。別に楽なことや楽しいことをするのが悪いわけではなく、単にトレードオフであることを自覚した上で選択したいと思ってるだけです。

自分が自堕落な生活になってしまうときは、そのトレードオフの意識が非常に低くなっている時です、ダメじゃん (汗)。意識しようがしまいがトレードオフになっていることは事実なわけだから、意識はしておいた方が良いと思います。むしろ特別に意識するというよりも、あらゆることがトレードオフになっているという事を「基本的な思考OS」 として持っておいてはどうかと思います。何においても「選択をする時は他の選択肢を捨てている」わけです。だからこそ自分の選択した道に後悔の無いように進みたいと思います。日々の小さな決断においてもこの意識が持てれば、きっと人生がより意義深いものに変わるかも??最近は何も考えずに「楽な方」へ流れがちな自分ですがそれでは後で後悔すると反省してます。トレードオフを意識した上で、明日からまた頑張っていきたいと思います!!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です