マルチタスクに対する心的負担を無くしたい

自分が認識してる弱点として、マルチタスクで物事を進めていくことに少し苦手意識を持っていることが挙げられます。もちろん複数の仕事を並行で進めていくことなどは、人並み程度には出来ていると思います。しかし、大きな仕事や大きな目標が降ってきた時には、ついつい他のことが疎かになるという状況が続いています。

例えば、いま自分が仕事以外にやらなければならないことの一つに、英語やPMP(プロジェクトマネジメントの資格試験)などがあります。しかしながら、会社の仕事が忙しくて、なかなかこれらの活動に当てる時間がありません。また、もうすぐマラソン大会なのですが、練習時間がほとんど確保できていません。さらに仕事が忙しくなると、ブログの更新も滞りがちになってしまいます。

仕事が忙しくなると、物理的にこれらの活動に当てる時間がなくなるのかといえばそんなことはありません。ぼーっとしてる時間はありますし、「英語の勉強やらなければな~」と悩んでいる時間もあります。だから時間的にいっぱいいっぱいというよりむしろ、気持ちの問題なのだと思います。

「心の余裕がなくなる」とでも言うのでしょうか。仕事のことが気になって、その他の事が手に付かなくなるという状態です。実際に空き時間があっても、それほど仕事はしないですけど、でも仕事のことが気になってしまいます。うーん、こうやって考えてみるとやっぱり単にメンタルの問題で、あまり合理的ではないですね(汗)。

どんなに仕事が忙しくったって、必ず歯磨きはするわけですし、必ず風呂にも入る訳です。そんな感じで、仕事が忙しい時でも英語や資格試験の勉強を変な心的抵抗感なく出来なきゃダメですね。心のどこかで、目先の仕事の方が英語などの未来への投資よりも(重要性と緊急性を掛け合わせて)大切だと、錯覚しているのでしょう。だめじゃん(汗)。

もちろん何か一つのことに注力出来ればそれは非常に効率がよく、幸せなことだと思います。しかしながら、もうこの年になればそれほど時間もないですし、そんな教育の機会(モラトリアム)など与えられるわけもありません。だからこそ、仕事以外の将来の投資となるような活動に対して時間を天引きで確保し、マルチタスクでいろんなことに挑戦していきたいと思っています。頑張ります!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です