ブログを書く意義の再確認を

自分がブログを書く意義について、改めて考えています。こうやって毎日書くのも意外と大変です。じゃあ、なんで書くのかを考えてみた時に、「自分の生活の心の支え」になってるという面もあるのではないかと思います。

いい意味でも悪い意味でも、毎日朝起きて会社に行って仕事をし、家に帰って寝るという生活を繰り返しています。もちろん毎日新しい学びがあり、今日は昨日とは違う一日になっているのですが、それでも「毎日同じ」と感じられてしまうこともあります。

「毎日なすべきことを淡々と実行している日々を積み重ねる」という姿勢は、長期的成果を出す上で、なくてはならないことです。しかしながら、この「毎日同じことの繰り返し」という感覚を持ってしまうと、何かを変えなければならないと感じてしまいます。「毎日同じことをやっていては成長できないかもしれない」という不安や焦りなのかもしれません。この焦りから明日のリズムが崩れてしまったり、それまで続けていた良い習慣を止めてしまいます。

つきなみな表現ですが、高くジャンプするためには、その分だけ一旦深くしゃがみこまなければなりません。メカニズムとしては納得はできるのですが、この一旦沈んでいる時には「このまま成果が出なくても大丈夫だろうか」と大きな不安を感じがちです。

この不安に抗うためには自分の心の支えが必要ですが、日々の小さな変化や行動の実績をブログとして残していくことはその助けになります。不安に打ち勝ち、成果は目に見えないけれども正しい方向に変化しているのだ、ということを信じて日々努力することが出来るかどうかが大きな変化には必要です。ブログを書くことで、日々の変化の方向性を毎日確認していることになっているのではないでしょうか。

逆に、その日の成長や気付きなどをブログに書くことが出来なくなったような時には、自分が本当に停滞していることを意味しており注意が必要です。 その時こそ自分は生活を変えなければならないシグナルだと思っています。その意味では最近はブログに書くことが少なくなってきたので、注意が必要ですね(汗)。今一度、生活を見直し、正しい方向に変化していきたいと思います!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です