リアルタイムでブログを更新するメリット

最近、ブログの更新が遅れていました。その結果、昨日の出来事を今日ブログに書く、といったような、「ブログと実際の出来事の時差」が常にある状況でした。ですが、最近いろいろと工夫したり、頑張って時間を生み出した結果、やっとブログが追いつきました。

このような状態になってまず思うことは、やはりリアルタイムで書いていた方が良いということです(当たり前ですが汗)。記憶も鮮明ですし、内容にも感情がしっかりと込められるように思います。一方で過去のことを振り返り、昔の事実やその時の感情を思い出しながら書くのは、いまいち臨場感にかけて、うまく書けないことが多いですね。

特に自分がこのブログに書くことは、成功よりも失敗の方が100倍多いのです(笑)。失敗した時に感じる悔しい気持ちや、惨めな気持ちはすぐに忘れてしまいます。まぁそれは自分の良いところでもあるのですが、失敗から学ばないとか反省が生かされていないという意味ではマイナスです。辛いとか、悔しいとか、残念といった気持ちは、自分がその気持ちを忘れてしまう前にリアルタイムで書いていくことでこそ、よりその気持ちを鮮明に残すことができるのではないかと思います。

加えて、リアルタイムで書けていることは、精神的な満足度にも繋がります。ブログの更新が遅れている状態では、なんとなく焦りを感じていたように思います。しかしながら今ではその焦りもなくなり、かつ1日1回ブログ更新するというノルマ(タスク)をクリア出来た充実感のみを感じることができています。その日のブログを書き終わった後に、「よし終わった!」と思えるか「まだ遅れている」と思うかは、満足度では大きな差があると思っています。それなりの労力を払ってブログを書いているわけですから、書き終わった時には満足感のみを感じたいですよね。

と、偉そうに色々書いたのですが、サボるとまたすぐに遅れが発生してしまいます。リアルタイムでブログを更新することの意義やメリットをしっかりと意識することで、サボる気持ちを抑え込みたいと思います。ということで、また明日からも、リアルタイムで更新していきたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です