内省の場を作れば内省の時間が増える

一日中、慌ただしく過ごしていると、日々があっという間に過ぎ去ってしまいます。そのような状況では自分の過ごした時間を後から振り返ってみると、あまり成長が見られていないように思います。一日に出来る成長はわずかでも、それを意図して積み重ねることで、大きな成長に繋がりますが、日々をなあなあと過ごしていると長い時間かかっても以前の自分と同じままということも起こりえます。

一日ごとに成長出来るかどうかは、一日ごとに内省の時間を取り、成長が見られればそれを肯定的に捉え、またもし成長ができなければ反省して、いずれにしろ明日の行動につなげていくことが必要です。ということで、自分にとってはブログを内省の場としても位置づけており、自分の長期的な成長にとって重要な場と考えています。ブログを書くのは一日30分以下の時間ですが、この時間は非常に波及効果の大きな時間になっています。

といっても、ブログを書くためにキーボードを叩いている30分の時間だけ内省をしているわけではありません。毎日少しずつでも違うことをブログに書こうと思うと、新しい思索(というほど高尚ではないものの)が必要になります。つまり自分の成長につながることを、一日中を考えて、生まれてきた考えをブログに書いていくわけです。

ですから、内省の場としてのブログの時間(30分)を取ることで、内省している総時間が大きく増えるわけです。ブログ書く時間というのはその日の内省の総括とでも言えるでしょうか。この内省している時間が増えることにより、自分の行動をリアルタイムにモニターし、微調整することが可能になり、ついつい怠惰になりがちな生活を修正することに繋がっています。

といっても、一日中、真面目なことを考えているわけではもちろんありません。大半は何も考えていないか(汗)、考えていてもほとんどアホなことを考えている中で、一瞬だけでも『このままではいけない』とか『これを続けていけば変化できる』などというような考えが浮かんだ際に、それを文章に落とせるよう、あと数分だけ継続して考えたり、場合によってはメモを作ったりしているだけです。ですが、この僅かな時間と手間が、さらなる内省へとつながり、ひいては自分の長期的な成長へと繋がっていくものと信じています。(長い間ブログをサボっていた自分が偉そうに言えないのですが笑)せっかくブログを再開したので、ブログを通じて日々の内省を深め、自分の成長に繋げていけるように頑張りたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。