勝負の30キロを超えて考えること

いつかこのブログでも書いたことがあるのですが、『マラソンは30キロを超えてからが勝負だ』と多くの人が言います。さらに極端な言い方ですが、30キロまでは勝負地点までの移動に過ぎない、とさえ言う人もいます。私もそう思います。マラソンは普段の練習よりゆっくりとしたスピードで走ります。だから正直言って前半は楽勝。だけれども、後半30キロを超えると、足が動かなくなり、痛みが出はじめ、体がいうことを聞かない。この状況でペースを保つのは至難の技で、精神的にも非常に堪えます。マラソンは30キロまで来て、やっと半分と言われるのも納得です。そんな中で30キロ以降からゴールまでの約12キロをどのように走っているか、思い返してみるとなかなか興味深くもあります。

まず、辛いときは目標を達成できなかった理由を考え始めてしまいます。まだ走っている最中なので目標を達成できないわけではありません。が、できない理由を探すことで、自分が立ち止まっても良い理由にしているように思います。弱音モードですね (汗)。

でもそんな中で、まだ走っているのだから出来る範囲で頑張ろう、後XXキロだ!、と残りの距離の逆算を始めます。が、前半はあんなに早く感じた進みが、後半30キロ過ぎでは嘘のように進みません。段々と残りを数えるのが嫌になってきてしまいます。

そうすると、次の〇〇まで頑張ろう作戦になります。次の給水所まで、次の距離表示(一キロごと)、次の電信柱まで(数十〜百メートルくらい)、頑張ってみる。そこまでがんばれたら自分を褒め、そしたまた次の地点まで頑張ってみる。

それでもだんだん辛くなってくると、最後には一歩進むごとにゴールに近づいている、と信じて、とりあえず右足を前に振り出し、そして次に左足を踏み出し、その一歩ずつに単に繰り返しているうちにゴールするだろう、という半ば諦めに近いような気持ちになったりします。でもこの境地までたどり着くと、意外ともう38キロくらいに居たりして、あとはゴールのことだけを考えて、残りの距離を逆算するのでも辛くはない距離になっているように思います。

なんでわざわざ、マラソンの後半に思うことを羅列したかといえば、これらの自分の気持ちのコントロール方法を、自分の仕事や成長にもつなげていけると思っているからです。仕事でも、時間が遅くなって、疲れてくると、やめたくなることがありますよね。でも締切は明日まで。疲れたなあ、サボりたい、もうやめたいと思う時、どうするか。マラソンと一緒ですよね。あとちょっと資料一枚だけ頑張ってつくろう、あと10分だけプレゼンの準備をしよう、など『あとちょっとだけ頑張ろう』を積み重ねて、仕事も完走したいと思います、引き続き頑張ります!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。