#722 目的達成のために習慣化を試みる!

帰国まであと 72 日!

(1)論文、
活動、二報目と三報目の修正
時間、4h

(2)英語発声練習、
OK

(3)その他活動サマリー、
海、掃除、英語

(4)陸トレ、
OK、65.5 kg、

(5)感謝、
充実した一日!

(6)新しい挑戦・昨日からの進化、
レンタカー会社で交渉をする!

(7)ブログ、

今日は海に行って、部屋の掃除をして、料理を作って、英語の勉強をして、論文をやって、長期計画の修正をして、などなど非常に充実した時間を過ごすことが出来ました。明日も良い一日となるよう頑張って行動したいと思います。

さて、本題です。成果を出すための方法は世の中にはたくさんあるようです。それこそ本屋さんに行けば、成果を出すことに関連する本が山ほど並んでいます。そして本を読んで分かった気になるのですが、なかなか実行はデキないものです。

実際には成果を出す方法なんてほとんどの人が既に知っていると思います。たとえば、早起きして活動しろとか、最重要事項を優先しろだとか、短期より長期的な視点で物事を考えて行動しろ、だとかでしょうか。

自分が目標に掲げている事、例えば英語が上達するだとか、サーフィンがうまくなるだとか、健康的な生活をおくるだとか、これらを達成する方法は知っています。だけど、それがいつまでたっても達成出来ないのは何故かというと、行動に落としこむことが出来ていないから、行動を継続することが出来ていないからです(一つには目標が高過ぎるというのもあるのでしょうが笑)。

例えば、英語であれば、リスニングと発音の練習をする、単語を覚える、英語を書く、などなどやるべき練習は分かっています。ただそれが毎日出来ていません。数日など短期間であればこれらの行動を行うことは簡単でですが、習慣化して長期間行うとなると、ハードルが一気に高くなると感じています。

ただここまで書いて思ったのですが、習慣化する方法は自分は既に知っています。ですので、英語、サーフィン、その他に対して、この方法を本気で当てはめようとしていないことが問題なのかもしれません。

具体的には習慣化の方法とは、目標を設定する、行動に落としこむ、行動を記録する、行動を公開する、ご褒美を設定する、行動を妨げる障害を取り除く、行動をしやすい状態を作る、などなどです。これらを、英語、サーフィン、健康的生活などなどそれぞれに当てはめていき、ストレスなく自動操縦の状態で上達のための活動を続けていけるような仕組み作りをしていきたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です