#822 コミュニケーション技術の前に必要なもの!

期限まであと49日!

(1)論文活動、活動なし

(2)英語勉強、活動なし

(3)その他活動サマリー、
会議続き

(4)陸トレ、活動なし

(5)感謝、
色々と学ばせてくれる同僚

(6)新しい挑戦・昨日からの進化、
早く帰れるように工夫をする

(7)ブログ、

今日からまた新しい一週間が始まりました!色々と思い通りにいかないことも有りますが、まあそのハードルも楽しむつもりで活動をしていきたいと思います。

さて、本題です。仕事でも何でも、コミュニケーション・スキルがますます大切な時代になっているようです。仕事がどんどん専門化しチームで仕事をしていくようになり、意思疎通や情報発信・情報交換などが必須な今では、コミュニケーションが取れることは必須のスキルと言って良いかもしれません。

コミュニケーションと言ってしまうと、ロジカルシンキングとか、ロジカルコミュニケーションとか、話法とか、そんなイメージが先行してしまうようですね。もちろん、どう伝えるかのスキルは大事で、そこでつまずいてしまうのはもったいないのですが、まずその前提として人間性というかあり方がまず大切なのでは、と最近は感じます。
『人を動かす』にも書かかれていますが、批判をしないとか、メンツを潰さないとか、先日書いた遠回しの注意を与えるようにするとか、そういう人間としてのあり方がまずは大切なのだと感じています。
あとは積極的に情報を出すのか、それとも出さないのなど情報発信のスタイルも、コミュニケーションのスタイルの違いでもあると思うのですが、得られる成果は変わってくると思います。
このような『あり方』を如何に実現していくかという手段の話がコミュニケーションの手段(ロジカルうんぬん)であるはずで、まず正しいあり方(と言う画一的なものがあるのかどうか知りませんが)を自分の中で確立しないとだめなのだろうなと思います。
スキルを身につけることで議論に勝てるようになったり、不利な議論を誤魔化せるようになったりと、その場しのぎは出来ると思います。しかし議論に勝っても実際の勝負で負けていたり、短期的には勝ったり誤魔化せても、その代償に長期的な信頼を失っていては元も子もありません。さらに実を取るということを再優先するのであれば、そもそも不要な議論は避けるということが実は正解だったりするかもしれません。
もちろんスキルは大切です。だけどまず『あり方』に意識を起き、ここで間違いをしないように意識することからコミュニケーションの質を高めていきたいと思います。
人を動かす 新装版/創元社
¥1,620
Amazon.co.jp

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です