#172 都合の悪い状況に目を向ける!

これから先 10 年、20 年を考えた時に、この業界は大丈夫だ、といえる業界は少ないと思います。少なくとも自分のいる業界は決して大丈夫ではありません。。。

そもそも日本社会全体が長い目で見た時に上向きではない状況では、どんな業界にいてもどんな仕事でどんな立場でも、難しい状況は覚悟しなくてはいけません。
となると、守ってくれるものは何もなく、運命に翻弄される、という状況に陥ってしまうかもしれません(極端な話、のつもりですが、それほど極端でもないかもしれません)。
頼れるものは、政府でも、組織でもなく、自分自身だけ、(プラス、親族や友人は助けてくれると信じたい!)、という状況はありえるのかもしれません。
しかしながら、そのような状況になることは分かってはいるんですが、ついついその状況から目を背けたくはなります。

ですが、背けたところで、状況が改善するわけでもなく、背けること = 「多分大丈夫だろう」という根拠のない過信・盲信に基づいた現実逃避なのだろうと思います。

まあ、そんなこと言っても自分ではどうしようもない、いう気持ちにもなるのですが、そのような事を想定した備えくらいは必要なのでは、と思います。とにかく考えつく最低の状況で生き延びてしまった場合、どのような状態で食べていくか、身を立てていけるか?、を突き詰めて考え、そしてそれに備えるために、今日の行動を変えていく必要があります。

もちろん未来を正しく予想できるはずもないのですが、自分の置かれている環境がどのように変化するか、悪い方向に変化していった際、抜け出すことは可能なのか、くらいは常に考えておきたいと思っています。そして、どのような状況になっても、対処できるような圧倒的な強みを持つこと、が必要なのではないか、と思います。

ですが同時に、自分が頑張ることで、悪くなる状況に歯止めをかけてやる、状況を変えていってやる、という強い気持ちを忘れずに、行動してきたいと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です