#960 チャンスを活かすために必要なこと!

最近では、会社のグローバル化や創薬業界の構造変化など、大きな変化が起きていることを否応なしに感じます。このような状況においては多くのピンチがあることを感じるのですが、逆にチャンスも幾つかはやってきているように思います。

しかし、そのチャンスは誰もが活かすことが出来るわけではなく、主として二種類の人が活かすことが出来るのだと思います。準備ができている人と、(準備が出来ていなくても)チャンスに勇気をもって飛び込むことができる人だと思っています。

まず、準備している人について考えます。チャンスは突然にやって来ます。いつやって来るかは、一見すると分かりません(分かるようではそれは大したチャンスではないか、競争が激しくなりすぎる)。だからこそチャンスを活かす実力を身につけることが出来るように、日頃から準備をしていないといけません。

多くの人はチャンスが転がってくると約束されたならば、そのチャンスを活かそうと努力するのだと思います。しかし実際には約束されることなどなく、(長期的に見ればチャンスは必ずやってくるけれども)いつやってくるのかは分からないし、どの分野でやってくるのかも分かりません。だから準備に十分なリソースを投入することが出来ないのだと思います。

では準備をするためには何が必要かと考えると、ある程度の未来観を自分の中に持っていないと準備のしようがありません。そしてどの分野で自分が準備をしていくのか、それは自分の強みと関連するはずでしょうが、それを明確にしておく必要があると思います。こう考えると、自分を取り巻く環境の未来像と、そこにおける自分の生かし方を考えておくという非常に当たり前のことをが出来ていないといけないのでしょうね。

一方で準備していないし実力もそれほど無くても、チャンスがあると分かれば思い切って飛び込む勇気を持った人はチャンスを活かすことが出来るのだと思います。ただし失敗も多いのでしょうが、それは挑戦の多さでカバーできるものなのかもしれません。

ではどのようにしたらその様な勇気が持てるかといえば、一つには性格によるものかもしれません。一方で上で書いたような準備がしっかりと出来ていればチャンスに飛び込む勇気も持ちやすいのだと思います。

ということで、目先の雑務に忙殺され、チャンスを掴むための準備が出来ていないことに反省しています。その準備をする力というのは、準備をするためのリソースを生み出す力であり、それはある意味で(雑務の)オペレーション能力に依存していると思います。ということで、今行っている雑務をより負荷なく進めていくためのシステム化への投資を継続したいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です