#966 注入されたヤル気を行動に繋げるために!

今日は部署が変わる同僚の送別会に参加しました。新しい職場でも頑張って欲しいですし、残された自分たちも抜けていく彼の分まで頑張りたいと思います。

と、宴会の席で「頑張ろう!」とは言ってみたものの、自分のこれまでの経験では多くの場合、その熱い気持ちを翌日まで覚えてはおらずに行動に繋がっていないように思いました。漠然とした頑張ろうという言葉は、送別会の会場では適切な言葉では有るのかもしれませんが、オフィスに戻ればより具体的な行動に落としこんでいかなければなりません。いくら飲み会の席で威勢よく掛け声を挙げても何も進みません。行動をするからこそ成果が出て、自分達が今日の宴会で欲した成果に繋がるはずです。

例えば「頑張ろう」ではなく、「苦手にして先送りしている仕事に手をつけよう」とか「溜まっている重要だけど緊急じゃないことに手を付けよう」というレベルの具体的な行動に繋がらなければ当然成果は出ません。

では行動に繋げるためにはどうしたら良いのかというと、頑張ろうという気持ちをすぐにぶつける事が出来る具体的な行動が明確になっていないといけません。そのためには、なるべく細分化した to do リストをもっておいて、盛り上がったやる気を保ったままその To do アイテムに取り組む姿をありありと想像できるくらいで有りたいと思います。

To do リストの作成なんて当たり前のことなのでわざわざ書くほどの事ではないのですが、恥ずかしながらそれが常に完全に出来ているのかと問われると出来てはいません。自分が取り組むことが必要な全ての分野でのリストはまだ完成していませんし、過去に作ったリストも古くなるので常にアップデートが必要です。

とまあ、同僚との別れ(?)でセンチメンタルになってお互いにエネルギーを注入し合ったものの、そのエネルギーがダダ漏れしている状況を何とかしたいと思っています。まずは時間をとって仕事の全体像を再度見直し、to do リスト作成を行います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です