#1048 バサロ泳法でトップに浮上する!

今日はセミナーでの学びを自身の振り返りのために書いてみます。

努力はすぐに結果に出ないため、多くの人が途中で努力を止めてしまいがちです。自分としては多くの人が辞めてしまうような努力を継続することで他者と差別化出来ると考えています。自分が学位を取るために論文を書いたり、地道に英語の勉強をしたり、将来を見据えた仕事の準備をしたりする事などは、こういった種類の努力になると思います。

長期に渡る努力を継続するには自分が頑張り通せるという根拠をもっておく必要があると思うのですが、自分が行なっている事に対する明確なイメージを持つことがその根拠の一つになると思います。

この長期に渡る努力を継続する事のイメージとしては、水泳のバサロ泳法を自分は思い浮かべます。スタートしてしばらくは水面下で息を止めながら必死でキックを繰り返しています。でもそのアクションが水面より上からは全く見えてきません。だけど水面に浮き上がった時には、他者に圧倒的なリードを示しているイメージを持っています。

また、昆虫の脱皮や変態のイメージも同様です。幼虫、さなぎ、生体と、見た目としては一気に変わっていくイメージですが、目に見えないところで次の変態の準備をしています。

自分としては、上記のようなイメージを毎日意識しているわけではないのですが、『バサロ泳法』『脱皮・変態』というキーワードを思い出すだけで、このイメージを一気に拡張して意識に乗せることが出来ます。

自分は意思が弱いために常に自分の理想通りにあるわけには行かないのですが、このタグ付けのキーワードを思い出す度に、その下に紐付いた大きなイメージを膨らませることができます。その度に自分のあるべき姿を思い出し「よし、今日も努力を続けよう」と思い返すことができます。

つまり自分を躾けるための原理・原則とそれを一気にエクスパンドするタク付けの言葉(バサロ泳法, etc.)のセットをどれだけ多く揃えておくことが出来るかが今後の自分の成長につながっていくとのことです。だから今は少々苦しくても我慢です!

と、偉そうに書く割に大して成長出来てない自分がとても辛いのですが、理想は高く頑張っていきたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です