体のコンディションで仕事の成果は決まってしまう #1207

最近仕事のパフォーマンスが下がっていることを感じます。それは一言でいうと、集中力不足が原因なのですが、何故集中力が下がっているかといえば、体のコンディショニング不足に因るものだと思います。『疲れが溜まっている』のを感じているのですが、その対応策が不十分だったと思います。

まず疲れを取るために最も必要な『良く寝ること』が出来ていませんし、ストレッチやジョグにより体の疲れやコリを取り除くための時間も取れていません。栄養ある健康的な食事を摂りたいもののコンビニ弁当や飲み会での偏った食事が続いています。これらの根本的な原因は、仕事や他のタスクなどの予定を詰め過ぎていることです。

結果として生産性が低いままに仕事をするので、雑務に対しダラダラと時間だけが過ぎていってしまい、また『寝る時間』や『疲れを取るための時間』を圧迫しています。その結果として生産性の低い状態が定常化しているように思います。これぞまさに悪循環であり、どこかでこの悪い流れを断ち切らなければなりません (汗)。

矛盾していますが、そのためには時間が必要ですので、いつも書いている通り、まずはそのための時間を天引きして確保せねばなりません。まず天引きして『寝る』または『コンディションを整える』ことを行い、そしてその次に残った時間の中で如何に高いパフォーマンスを発揮して仕事を片付けるかを考えるのが良いのでしょう。

忙しい時には、仕事に追われて自分を見失い、来た仕事に対して盲目的に取り組んでしまっているために、この時間が十分に取れていないことが悪循環のそもそもの原因です。一度、自分の仕事から距離をとって、自分の仕事の全体像を俯瞰し客観視することも大切だと思います。そしてその時間にタスク管理やスケジュール調整をしていく中で、休む時間、コンディショニングの時間を予め天引きしておかないと、それらの時間確保はまず不可能です。

忙しく時間がない時ほど、自分の仕事を客観視し、天引きの時間を確保しないといけませんが、上記のとおりそれは矛盾した考えであるため、なかなか容易ではありません。しかし自分が次のステージに進もうとするなら、さらなる超絶忙しいモードに入っていくことを意味しており、益々難易度が高くなることが予想されます。であるなら、現状でのチャレンジにより自分のレベルを引き上げていかないと太刀打ちできません。

ということで、最悪なコンディションの中、時間ばかりが過ぎていく今の悪循環の状況下で、『気合い』で仕事を片付け、コンディションを上げるための時間を天引きしたいと思います。気合いとかに頼るのは良くないのかも知れませんが、非常事態なのでべき論ばかり言ってられません。なんとかこの状態を脱して、体制を立て直したいと思います!

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です