目標達成のために自分には残された時間がない

今日も一日が終わろうとしています。先日書いたコミットメントの通りメールボックスの未読は空にできましたし、今日やるべきことはほぼ全部終わらせることが出来ました。なので不満はありません、最低限の目標はクリアしており悪くないです。『じゃあ、満足しているか?』と聞かれると決してそうではないと思います。

というのは自分が大きな目標を掲げているからです。全く達成できる根拠の無い途方も無い目標です。正直、どうやったらそこに辿り着けるのかさえ分からない、自分の全く知らない世界を目標にしています。そのため現時点では、そこに辿り着くために何をやったらよいかさえ分からないのですが、現時点で言えることは『このままの成長ペースでは絶対にダメだ』ということです。全然時間が足りません。

そのため、一日も無駄には出来ません。単に最低限のやるべき事を終えただけで満足していては本当に話になりません。自分に高い基準を設定し、それにどれだけ近づけるのかを毎日挑戦していかねばなりません。

このように一日一日を大切にしたいという気持ちが生まれているのはとても良いことだと思ってます。実は最終的に目標達成ができているかどうかは、それほど問題では無いように思います。正直なところ自分がその目標自体にどれだけ拘るかは現時点でわかりませんし、目標達成の条件もご縁や運など自分の頑張りを超える要素も必要になっているからです。結果よりもむしろ大切なのはその過程であり、どこまで納得できる行動が取れたかだと思っています。

そのように一日を過ごすことが結局のところ自分がどれだけ後悔のない日々を過ごせているかどうかに繋がるはずです。自分が頑張った結果ダメだったら諦めもつきますが、自分がサボった結果にそこそこの目標をクリア出来ても、不完全燃焼の思いは残るでしょう。後悔のない日々を送るために、最低限の『今日やるべきこと』の達成で満足せず、高い基準での行動を目標に頑張って行きたいと思います!

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です