経営者の方から自分が学ぶべき大きなこと #1341

今年も色々なセミナーに通っていますが、経営者の方とお話しさせていただくことがあります。このような方とお会いすることは会社にいると殆ど無く、これもセミナーに参加することの大きな価値の一つだと思っています。

自分が経営者の方から感じる大きな魅力の一つとして、彼らの必死さです。自分のようなサラリーマンとは違い、経営者の方からはとにかく必死さを感じます。考えてみれば当たり前で、自分のようなサラリーマンとは違って、会社の全てや生活の全てがその方にかかっています。例えば(分かりやすい例なのであえて金の話をしますが)、自分のような会社員では頑張ったところで年収の変動額の幅はたかが知れているのに対し、個人で会社をやっていらっしゃる経営者であればその人の頑張り次第で青天井ですし、反対にゼロにだってなりかねません。会社や組合から守られている会社員とは違って、個人の経営者の方は自分が会社を守る立場であり、全く逆の立場だとも言えます。

一般論として、サラリーマンよりも経営者の方が仕事での成長のスピードが早い、というのを聞いたことがありますが、それも実際に追うべき負荷を考えればそれも納得です。やはり仕事に対する当事者としての意識が全然違うことがその大きな理由だと思います。

しかし自分のような会社員も仕事の上では経営者ではなく労働者ですが、自分の人生という意味では責任者であり経営者です。会社では有限の責任と有限のリターンの範囲内で仕事をしていますが、自分の人生の責任は全部自分で負うべきです。仕事に対しては労働者としての意識で悪くはないのですが、自分の人生に対しては強い当事者意識を持ったねばなりません。

起業したいとか独立したいとはそれほど強くは思っていませんが、自分の人生を主体的に生きたい・自分の人生に強い当事者意識を持ちたいとは思っています。その面でも会社勤めだから成長が遅いくなるというのは自分の望むことでは決してありません。起業家の方から良い刺激を受けることで、自分の望む姿に近づいていきたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です