心と身体を切り離すことで先送りを撲滅する

自分は毎日、強烈な先送り癖に悩んでいますが、なんとかこれを克服しどんどん成果を出していきたいと思っています。頭では、『一旦先送りをしてしまうと、締め切り間近になって焦って質の低い仕事をしてしまうため、多くの場合、火事をおこしてしまい、さらにその消火のために多大なリソースを必要として他の仕事が炎上してしまう』というまさに悪循環に陥ってしまうことは分かってはいます。しかし残念ながら頭ではわかっていてもなかなか行動には結びつきません。

しかしこの対策として最近良いなと思っているのは『意識的に心と体を切り離してみる』というものです(こう書くとなんとなく宗教チックに聞こえますが (笑) そうではありません!)。全ての仕事には計画段階と実行段階に分けることが出来ると思います。自分の場合、どちらが問題になるかと言えば、明らかに実行段階で先送りしてしまうことが殆どです。計画を考える段階はそれほど苦手では無いのでどんどんタスクを生み出すことが出来ますが、そうして出来たタスクに対して『やらなきゃいけない、とは分かっちゃいるけれども・・・』と思いながらも先送りしてしまいます。

そんな時には、『先送りしたい心と実行する体とを引き離す』ことをイメージし、『実行する時には、なるべく何も考えないし、何も感じない』と強く意識してみることにしています。そうすると、何も考えないのでそもそも『先送りしたい』とも思いません、禅の世界でしょうか?(笑)。そのように考えることで一旦始めてしまえば、勢いがついてくるので、あとは勝手に進み始めます。とにかく最初の段階で『色々な雑念を発生させること無く、作業だと思って開始する』ことさえ出来てしまえば良いことに最近気がついています。

もちろん、上記を実行するためには『何も考えずに実行できる』ほどにまで細分化されたタスクリストを仕事の計画段階で作成しておくことも必要になります。もっと言えば、それほど細分化出来ていないザクっとしたタスクリストになっているから、実行前に『大変そうだ』とか『面倒かもしれない』とかいう雑念が生まれてくるのかもしれないと思っています。ということで、それを目にした瞬間に何も考えずに動き始めることが出来る詳細なタスクリストを作成し、それを『悟りの境地的な心の静けさ (笑)』で淡々と実行することで、先送りしたタスクを撲滅したいと思います、頑張ります!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です