寝食を忘れて没頭できる仕事の条件は?

今日は終日、寝不足気味で冴えない一日になってしまいました。寝不足の理由なのですが、今日は朝一からとてもとても大切な会議があったので、早起きして出社しました。また(実は)昨夜、この会議の件が気になって、あまりよく眠ることができなかったことが、寝不足の原因です。

会議では、結果として大切なプレゼンを通して、仕事を前に進めることができる見込みになったため、朝一で今日やるべき大事な業務ははほぼ終わりました。今日の残りの時間は、思い切って自分が好きな仕事のみを定時までやって、定時になったらすぐに帰って寝よう!と思っていました。

しかし、自分が好きな仕事に手をつけた途端、スイッチが入って止まらなくなり、結果として定時を大きく過ぎた時間まで、晩飯を食べるのも忘れて、ぶっ続けで取り組んでいました。やっぱり自分が好きなことにはどんなに調子が悪くても取り組めるのだということが改めて実感できました。このように好きな仕事がいつも出来ていれば、非常に生産性を高く保てるので良いですね。

では、どんな仕事であれば好きになって没頭できるかを考えてみると、まず「その仕事をやる意義が明確」であり、大切な仕事だという実感を自分が持てることがまず挙げられるでしょう。次にその仕事が得意であるということでしょうか?。大切な仕事でも苦手であれば、やらなくてはいけないと分かっていても、なかなかうまく進みません。あとは、やってもやってもレスポンスや進捗が見えない仕事に対しては気持ちが萎えがちです。なので、できるだけ進捗を見える化して自分の気持ちを盛り上げるようにしておくことが必要でしょう。

こういう仕事のみで自分の仕事を満たすためにはどうしたらよいかを考えていけば、自ずとハイパフォーマーになれそうですね(そんなに甘い話はない事はわかっていますが笑)。今日の仕事は、結構考える必要のあるものではあったのですが、寝不足の割にずいぶんうまくできたと思っています。今後も、こんな感じのやり方で、調子の出ないときにもうまく乗り切りたいと思います。頑張ります!!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です