スマホ音声入力は見られ慣れる事も必要

今ある場所で順番待ちをしています。自分にとっては順番待ちなど、時間がもったいなくて最も忌むべきことの一つなのですが、今日はやむを得ない理由で待たなければいけません。折角の待ち時間の間、時間がもったいないので、iPhone を使ってブログを書きたいと思っています。

しかし、さすがにこの人混みの中で、音声入力を使ってブツブツ呟くのは、少し恥ずかしいと思い、順番待ちの列から少し離れて音声入力に励んでいます (笑)。 その時、ふと思ったのですが、iPhone のマイクを口の下に持ってきて、ぶつぶつとやっているから怪しまれるわけです。電話(iPhone)を使って書き込んでるなら、iPhone が本来使われるようなシチュエーションを模倣すればいいのだと思います。

つまり iPhone の場合は、あたかも電話をかけているように iPhone を持つことで、それほど音声入力をしてても不自然に感じられないことがわかりました(笑)。自分はいま電話をしてますよ〜、みたいな堂々とした姿勢がきっと大切なのではないかと思います。

もちろん、通常やっているのとは違って、入力画面を確認しながら吹き込めないので、誤入力や変換間違いがある程度増えてしまいます。しかしながら、単にボケーっと時間がつぶれてしまうよりは、まだマシだと思います。 まだ今は、まだ音声入力に対して、他者の目が気になっていますが、まぁその内、慣れてくるでしょう (笑)。

これも、トレードオフの関係だと思います。つまり、ブログを書く時間がなくなって睡眠時間が削られるか、それとも自分か、ちょっと変わった人だと思われることを気にするか、どっちがいいかです。今の自分としては、当然ながら睡眠時間を確保することの方が大切です。自分がよく知らない人に、どう思われようと気になりません。それより、もっと寝たいです(切実)。

これも慣れの問題だと思っていて、そのうち、自分の知り合いにぶつぶつと呟く姿を見られるようになっても、気にならなくなるでしょう。まあ別に、やましいことをしているわけではないので、堂々とやればいいのかもしれませんね。相変わらず、自意識過剰すぎるかもしれません。まぁ正直なところ、誰も自分のことなんて気にしちゃいないと思っています。ということで、周りのことは気にせずに、音声入力に励みたいと思います。頑張ります!!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です