仕事の頑張り過ぎにこそ注意が必要

今日も仕事を頑張りました。身も心もクタクタになっています。明日も仕事ですので早く寝なければなりません。しかしながら、そんな時に限って何故だか夜更かしをしてしまいます(今日みたいに汗)。こうなってしまう理由は、2つあるのだと思います。

まず一つ目として、仕事を思いっきり頑張った時には、大体の場合テンションが異常に上がっています。仕事を全速力で片付けていくとどんどん調子が出てきますが、この時に(興奮系の?)脳内物質もガンガン出てるんだと思います。そんな感じて興奮を引きずってしまうため、家に帰ってもなかなか寝付けないというのがあります。

二つ目の理由は、頑張ったご褒美を求めてしまうのだと思います。そのため「今日はこんだけ頑張ったんだから家で遊んでもいいだろう」と思ってしまいます。それじゃなくても家に帰るのが遅くて睡眠時間が逼迫してしまうのに、そこからさらに夜更かしして遊び始めるために睡眠時間がさらに短くなってしまいます (汗)。

どちらの理由も仕方の無いことだとは思っています。しかしだからと言って、睡眠不足で翌日の生産性を落としていれば元も子もありません。どうしたらよいのでしょうか? 解決策は簡単です。こういう変なテンションにならないようにしなければなりません。今日のように1日だけ仕事を頑張っても翌日の生産性が落ちていれば、トータルで見ると大してプラスではありません。いつもと違うことをして変にリズムを崩してしまうよりも、毎日手を抜かずにコンスタントに平均以上を取り続ける方が良いですね。わかっちゃいるけど、これは難しいことです。

逆に言えば、自分はこの難しい事が上手く出来ないからといって、1日だけ頑張る短期的な(短絡的な)方法で誤魔化そうとしてる状態だと思います。一時的には「頑張っている」というまやかしの満足感は感じることができるのですが、成果は出ないことはやめるべきですね。子供じゃないのだから、いい加減同じ失敗を繰り返すのはやめにしたいです。調子の良い時もそうでない時もコンスタントに行動し、結果として長期的に成果を出せる体質になりたいと思います。頑張ります!!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です