仕事についてのメモ書きをどう行うか?

赤羽雄二さんのセミナーを受けて以来、ゼロ秒思考のメモ書きを継続しています。特に休みの日は、自分が自由に使える時間がたくさんあるので、ほぼ100%の割合で実行できています。しかしながら平日に疲れて帰った時などは、なかなか実行ができていません。加えて問題だと思っているのは、仕事に関してのメモ書きがうまく実行できていないという点です。

自分は仕事に取り掛かる前にしっかりと考えてから、実行したいと思っています。しかしながら朝に会社に来てメールを読でいると、即座に対応を求められることも多く、十分に考えることができていないまま仕事に入ってしまいます。その結果、だらだらと仕事をしてしまいそのまま一日が終わってしまう時もあります。この状況をなんとか改善したいと思っています。自分にとって効率よく考える方法はゼロ秒思考のメモ書きです。これを仕事に対してうまく適用するためにどうしたらよいかを考えたいと思います。

まず、家で出社前に書いてから、出社するパターンが一つあると思います。これは特に週末に翌週の仕事の予定などをしっかりとメモ書きしてしまう、等のやり方が出来ると思います。また朝早起きして出社前にメモ書きができれば非常に良いですが、朝はバタバタしているのでなかなかそうもいきません。会社で仕事を始める前に時間を取ってメモ書きをするパターンがあると思いますが、これも同僚が出社する前でないとできないので、やはり早起きは必要です。

一方で別のパターンとして、終業後に翌日の計画をメモ書きしてから帰るというのもありだと思っています。この場合は、朝一で前日書いたメモを見て、修正するという作業が必要かもしれません。朝早く時間を取るのが難しい自分にとっても、前日にメモを書いてしまうというのであれば出来そうな気がします。

疲れ果ててしまった終業後にオフィスで、あと10分間の時間を取って翌日の仕事に関してのメモ書きをするのは確かに簡単ではありません。しかしながら自分の生活パターンを振り返ってみると最も実現性の高そうなプランですので、まずはこのパターンを試してみたいと思います。ゼロ秒思考のメモ書きを仕事に活かせば、仕事の情報が整理され、絶対に仕事にプラスになると信じています。せっかく学んだ技法ですからうまく仕事に活かせるように、頑張っていきたいと思います!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です