月次の目標に真剣に取り組む

毎日仕事もそれ以外も頑張ってはいるものの、仕事では失敗を繰り返し、仕事以外でもなかなか上手くいかない日々を送っています。そうすると自分が何の成果も出していないように感じられ、自己嫌悪に陥ってしまいがちです。それを防ぐために必要なのが、日々、毎週、毎月の小さな目標の設定なのだと思います。

突拍子のない目標、例えば、社長になりたいだとか、大金持ちになりたいだとか、月に行きたいだとかを突然思いついて、それに向かって努力したとしても突然に成果は出るわけはありません。むしろ頑張って努力したところで、現実味のない目標に対して自分が近づけているのかどうか分からないため、徒労感だけが残ってしまうと思います。その結果、どこかで頑張るのをやめてしまうでしょう。

しかしながら、自分の人生の大きな目標に対しての小さな中間目標を設定していれば、話はだいぶ違います。小さな中間目標に対しては、定量的に自分がゴールに近づいているかをそれなりの短期間で判別することができます。その小さな目標が将来的に大きな目標へと繋がる前提は必要です。しかし、その前提さえ満たしていれば、短期的な目標達成による充実感と、長期的なゴールに向かって努力しているという安心感とを同時に感じることができるでしょう。

だからこそ短期的な目標の設定が必要なのです。自分の場合、年間の目標は立てていて、その目標を毎日見るようにはしています。一方、月次の目標を立てているものの、毎日それらを見返したり進捗をトラックしていたりはしていません。これはもったいないことです。

ということで、毎日見ている年間目標の下に、月次の目標を入れて毎日自分にリマインドすることにしました。またさらに本職であるプロジェクトマネジメントの手法を用いて (笑)、月次の目標達成に向け活動を管理することにしました。これにより頑張ってはいるけれども全く前に進んでいないと言う感覚から抜け出せることを期待しています。ということで、これまで以上に月次の目標達成に向け真剣に取り組み、結果として最終目標に近づけるように日々精進していきたいと思います!!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です